新しいカドデ

b0050787_20503177.jpg1月3日。
電車に乗って京都の菩提寺へ墓参りにゆく。
今年も弟が一足先に来てくれていたようだ。何年も会ってないけど、あんじょうやってる証拠やな。

それから京都市内をテクテク歩く。
年末年始に走りこんだ筋肉痛の脚にはちょうどええ。

西陣界隈の首途八幡宮でおみくじを引いたら大吉が出た。
う~む…

実はこの三が日「当たり」続きなのだ。
元日には近所の「たこ湯」でビール券が当たり、昨日はペース走のあと「ガリガリ君リッチ」を食べたら「ガリ神社お守り」が当たり、とうとう今日はホンモノのおみくじが大吉ときた。
もしやこの一年の運を3日で使い果たしたのでは??と逆にへこみそうになる。

ところでこの「首途八幡宮」を「カドデハチマングウ」と正しく読めた方はおられますか?

私も、結婚式の案内状を出そうとして「人生の門出を…」と書いたところ、父に見咎められたことを思い出す。
「『首途』と書くのだ、『門出』などとは当て字も甚だしい、まったくイマドキの若いもんは…」

でも国語辞典でも首途より門出が今は主流だ。ふぅ、頑固な親父だった。
ちなみにこの神社は、源義経が奥州へ出立するにあたって道中の無事を祈願したところだそうな。

さて今日の行き先はここからさらに西へ、北野天満宮だ。
こちらも正月返上で受験勉強中のミドレンジャー君に代わって合格祈願をしてきた。

いずれにせよ春には彼にも新しいカドデがやってくる。
[PR]
by runmama | 2008-01-03 20:54