福知山マラソン

b0050787_17534490.jpg23日(金・祝)は第17回福知山マラソンの応援に行った。
今年から10kmの部も新設、一万人規模のメジャーな大会だから、大勢の顔見知りのランナーに出会うのが楽しみな一日だ。

今回はスタート後の急な下り坂・1km地点、由良川沿いに入る10km地点、そしてラスト150m急坂を駆け上った所、この3箇所に移動して声援を送ることにした。
「誰に?」って、できるだけすべてのランナーに、だ。

3箇所どこでも同じように「がんばってくださ~い」では能がない。というか、声を張り上げてる自分自身が飽きてくる。

そこで1km地点では「いってらっしゃ~い!!」「先は長いよ!」「無事に帰ってきてね~」
これ、結構みなさん反応してくれた。
おもしろいもので、まったく知らないランナーでも、ふと目が合う人がいるんよね。そしたらちょっと照れ笑いしながら「行ってきま~す」と答えてくれました!

b0050787_17491349.jpg10km地点では、先頭グループとか、友人知人の入りのペースもチェック。
先頭は唐須選手、前に一度香港マラソンでご一緒したことがある。ここでは後続を大きく引き離していたけど最後は逆転を喫して2位だった。また次回がんばってくださいね。
ここはちょっとした上りの頂上。
「この坂上ったら10kmですよ~」「給水もあるよ~」
それはともかく「さあ1/4が終わったよ~」…これは微妙な声援やったかもね。

そしてラスト42km過ぎ。
この手前1km以上にわたって続く急な坂を駆け上がってきてやっとゴールが見えるのだ。
上位のランナーであろうが何であろうが、ここはみんな苦しい。
私はちょうど上りが終わるところでみんなを待ち構えた。
「さあ上り終わったよ!」
うれしいことに、このキツイ坂を上ってきた直後にこの応援に反応する脚が残ってるランナーもいる。
b0050787_17541412.jpg2時間49分で目の前を通過していくチームの仲間に「あと30秒や!行ける!」
自分の目標に対して、ここは「あと○メートル」より「あと○秒」の方がいいんじゃないかと思った。ほんとにあと30秒でゴールに着いたかどうか心配やったけど、だいたいあってたんとちゃうかな?
今日は伴走出場のジャッキーさんと、ブラインドランナーのW田君も元気に駆け上がってきた。W田君、初マラソンにして3時間7分の快走。お疲れさま!
[PR]
by runmama | 2007-11-25 17:55