危険箇所あり

b0050787_2241565.jpgGW初日。朝ゆっくりめにスタートして5月のトレイルマラニックの下見をした。
気温が上がってきていろんな生きものも動き出す。みのお記念の森公園の池には小さなオタマジャクシがいっぱい。今度来るときには手足が生えているのかな?

下見をすませた後、もう少しダートで遊ぼうってことになって谷山谷コースを白島まで下ることにした。勝尾寺あたりから箕面の白島、外院へ下るルートはたくさんあって互いに合流や分岐を繰り返し、結構複雑になっている。それでもここ数年の間にほぼすべてのルートを走りつくした・・・と思ってた。が、谷山谷と尾根の間にもう一本「危険」な道があったとは!

途中に「危険箇所あり」の小さな標識が出てくるのだが、「ああこれ?通ったことあるよ、大丈夫」とガンガン下って行ったら、あれ~?記憶にない道。斜面にへばりつくように走らされたかと思うと苔むした大きな一枚岩が崖のようになっていて、脇にロープが渡してあったり。
でも本当の「危険」はそんなもんじゃなかった。なななんと、猟銃を持ったハンターが一人、二人、三人・・・・「今日は6人ぐらい入ってるよ」だそうだ。いや~、初めて会った。
「撃たないで下さいね~」思わずホールドアップの姿勢で走り抜けた。雉なんかを狙っているそうだ。
でもその後、谷山尾根コースを走っていたら、鹿の親子が目の前を横切って行った。さっきハンターのいた方角から・・・きっと身の危険を感じて逃げてきたんだと思う。今までこのエリアで昼間の鹿に出くわしたことはなかったもん。

b0050787_2247503.jpg鹿に出会えたのは感動したけど、銃を持った人と同じ山を走っていたとは・・・。
撃たれずに無事、ふもとの梅原酒店に帰還。
b0050787_22422468.jpg今年もツバメが巣を賭ける季節。ツバメさん、この店の中なら安心やね!
[PR]
by runmama | 2007-04-28 23:14