落し物注意~六甲全山縦走

b0050787_139261.jpg

六甲全山縦走、須磨浦公園から宝塚まで56km、六甲最高峰931mをピークとするハイキングコース。実は今回初トライだったりする。いわゆる東半縦、宝塚~三宮間は何度か走っているんやけど。噂に聞く「馬の背」を一度走ってみたかった。
やっとスケジュールを空けたのにどうも天気予報は雨。ど~する?着替え背負って走るのツライなぁ・・・そや、そのままウチまで走って帰ったらええねん。
・・・ってことで「全縦+アルファ」になった訳です。わはは。

「夏休みの虫取り少年」みたいなカッコで電車に乗って須磨浦公園へ。日曜の早朝やしと思ったけど部活の高校生とかも結構多くて半ズボンのオバサンはちょっと恥ずかしかったワ。

b0050787_2223487.jpg7時ちょうどにスタート。いきなり階段が続いてあっという間に海がはるか下の方へ。うわ~、前に自転車で1周した淡路島、明石大橋も小さく見える。・・・と思ってるとまた一気に山を降りて、あれ~?普通の住宅街を通るんやん。なんかヘンな感じ。
そしてまた急な階段を登っていよいよ須磨アルプス。これが馬の背か~。切り立った崖を背にポーズをとってみると何かの映画で観たワンシーンのようやね。
よくみると風に飛ばされた帽子やジャケットが崖の下の枝に引っかかってる。う~ん、ここで落し物したら拾いに行かれへんね。
1mほどの幅はあったけど尾根道はまずまずのスリルを楽しめたし、岩場をよじ登ったり滑り降りたりして、この一日ではここが一番おもしろかった。
でもこんなワイルドなランの後にまた普通の住宅街を抜けるんやねぇ。なんとも興ざめというか・・・。みんなが東半分ばかり走るのもわかる気がした。ダイトレもそうやけど純度100%のトレイルってなかなか巡り合えないね。

b0050787_1392021.jpg菊水山あたりからはとうとう雨が降り出した。市ヶ原の桜茶屋、ここからは私もよく知っている東半分のコース。みんなで行くときはトゥエンティクロスや徳川道など、やや易しいコースを行くことも多いけど今回は本来の全縦路にこだわって稲妻坂~天狗道~アゴニー坂とあえて険しい道を行く。荷物を最小限にしたんやし、そこは頑張らないとね。凌雲台から先もドライブウェイで楽をせず、登っては下り、下っては登りの全縦路を全うしてようやく最高峰へ到着。
そうそう、「ランニング・ハイ!」のプロフィールのページ、缶ビール片手の写真、あれは六甲山ホテル近くの酒屋前でのスナップですが、今回はそれもパス。実にストイックなランだった(笑)

塩尾寺(えんぺいじ・・・って読むの数年前まで知らなかった~)までの下りトレイル、半分は気持ちよくカッ飛び、後半は腰に来ちゃって苦しかったけどなんとか宝塚駅に降りたのが午後3時過ぎ。
やった~!六甲全山縦走56km8時間。
小雨降る公園で半ズボンのオッサンとオバサンのプチ宴会。カップ麺のしょっぱい暖かさと、プシュッと一本だけあけた缶ビールが最高に美味かった。

さぁてこの日一番長かったのはここからの「プラスアルファ」。宝塚から国道176号を豊中方面へ向かう。でも、意識朦朧ってほどでもないけど集中力がかなり鈍っている中で、信号待ち、路肩のでこぼこ、車や自転車・・・街走りってあまりにもストレスフル。
そうや!と川西まで帰ってきた時に思い出した。学生時代、よく走った猪名川沿いの道。あの広い河川敷なら、何も考えずにただただ歩を進めれば曽根まで帰れるやん。
ン十年前にはうら寂しい河原だったけど今はきれいなスポーツ公園。さっきまでカッ飛んできた六甲のトレイルとは打って変わって全くフラットなその道を、だけどキロ10分近くかかりながらとにかく進む。
b0050787_1394470.jpg突如頭上にギューンと現れ飛び去っていく飛行機。やった~、伊丹空港まで帰ってきた~。あ、ダイヤモンドシティや~。前に息子が野球のバット買うってんでウチから走って行ったけどその時は「こんなん練習にもならん距離やん」って感じたのを覚えてる。ってことはきっと3~4キロ程度のはずや~。
とかなんとかいろんなことを考えて気持ちを奮い立たせ、ようやく午後6時半、曽根の自宅に到着した。
須磨浦公園のスタートから11時間半。いや~、よく動いた一日でした。

グラフでは距離が60kmになってるけど、そんなはずはない。ポラールのスピードセンサー、もいちどキャリブレーションしなくては・・・。ジャッキーさんのフットポッドによると82km。今回はこちらを信じようっと。
しかも私のスピードセンサー、途中でいちどシューズからはずれて落としてしまった。高取山あたりでピーピーって警告音がして気がついた。幸い100mほど戻ったところでハイカーのおじさんが拾って下さってたけど。軽くて便利やけど落として気づかないのは困るなぁ・・・でも、馬の背で落としたんじゃなくてよかったわぁ!
[PR]
by runmama | 2007-04-25 03:49