人気ブログランキング |

舞洲の日曜日・・・遊ぶオヤジたち

b0050787_23311639.jpg1月14日(日) 
午前中は忙しかったので昼から走りに行く。今日は北港ヨットハーバーからさらに舞洲スポーツアイランドへ、往復42km。
渚からは北に六甲の山々の横たわる姿がくっきりと、そして西にはうっすらと明石大橋や淡路島が見えた。懐かしいなぁ~。まだ自転車ばかり乗ってた10月、ここから遠く淡路島を眺めて「そうや!あそこへ自転車で行こう!」と思ったのだった。

のんびり走っていると何やらタイヤの軋む音とブレーキの音。
おお、カーレースやってるよ~。次々に8の字や急コーナーのサーキットでトライアルしているインプレッサ!スカイラインGT!ロードスター??たぶん私らと同じように「市民レーサー」なんやろうなぁ。日曜日、サーキットでヘルメットをかぶってハンドルを握ると別人になって、この非日常の世界を遊んではるんやろうなぁ。

隣にはカート、そして少し離れたところにはラジコンカーのサーキットも。
またこのラジコンカーが秀逸だった。スポーツカータイプの2台がテール・トゥ・ノーズで激しく競い合っている。さっき見た実車に比べるとスピード感は10倍以上だ。
・・・と、1台がレーンに衝突して止まってしまった。タイヤがウィ~ンと空回りして前にも後ろにも進めない。
すると!激しいつばぜり合いを演じていたもう1台が戻ってきて、立ち往生しているクルマの横腹にピタリとつき、グイグイ押して脱出させた。
ス、スゴイ!感動で言葉もなかった。コースの脇の低い脚立の上で愛車を操っているオヤジたちの顔はホントにいきいきとしていた。

ついさっき、伝法大橋のたもとで見た光景を思い出す。堤防の下の広場で中学生か高校生ぐらいの女子チームがキックベースボールの試合をやっていた。ちゃんとしたユニフォーム(ソフトボールと似た感じ)を着て、公式戦みたいな感じだ。キッカーがボールを蹴って1塁に走った。その途端、監督かコーチか知らんけど「アホかぁっ!!」と男の怒鳴る声。誰のどんなプレイが悪かったのかわからないが、その一声で攻守とも女子選手たちの動きは完全に凍りつき、後は延々と男が怒鳴り続けていた。

事情もわからず立ち入ったことは言えないが、怒鳴られて悲壮感漂う中で「プレイ」する若い子たち。まあ、グラウンドを離れれば楽しい青春もあるだろうことを願う。

サーキットで子供のように懸命に遊んでいたオヤジたち。まあ、明日になればまた日常の雑務やストレスに追われていたりするんだろう。がんばれ~。そして来週の日曜、また遊ぼう。

そういえば、今日は豊中グリーンのオヤジ様たちも、練習の後に青竹熱燗パーティーで盛り上がっていたはずだ。計画の段階からみんなホントに楽しそうだった。

しっかリ働いて、しっかり遊べるオトナ。いいなぁ。私もがんばろう。
by runmama | 2007-01-14 23:32