人気ブログランキング |

海を越えた「ありえへんワールド」~300kmライド

b0050787_741762.jpg10月最後の日曜日、自転車で淡路島1周ライドをしてきた。
オクトーバーランもいよいよ最終ステージ。最後にハデな打ち上げ花火!ってことで。

b0050787_764564.jpg早朝5時に豊中を出発、まずは53km走って明石へ。たこフェリー、自転車こみで520円に乗る。
明石海峡大橋の下をくぐって淡路島北端の岩屋に到着。朝8時、淡路島1周160kmの始まりだ~。
b0050787_735321.jpg島内1周コースはほぼ海沿い。国道28号のほか県道25号や31号などを走る。信号やクルマも少なく快適だ。サイクリストには定番のコースらしく、この日もいくつかのグループが走っていた。
しかし、鮮やかなバイクジャージ、ヘルメット、ロードレーサーの人たちに比べて、私達の格好は・・・。自分でも「素人やな~」って思ったのはでかいデイバッグを背負って行ったことですね。寒いとタイヘンだ~と思って着替えをたくさん持ってったのだ。ま、おやつも多少。
結果的にこの日は暑すぎず寒すぎずのサイクリング日和で、ロングスパッツもウィンドブレーカも途中で脱いでしまって、潮風を浴びながら気持ちよ~く走った。

b0050787_723433.jpg洲本から南は結構なアップダウン。山の中では噂に聞いていた「謎のパラダイス」もしっかり確認。結局これは何なのか理解に苦しむシロモノだったが・・・。
南端の福良港に着くまでに、10人ぐらいのロードレーサー集団と何度も遭遇。あちらの方が走行スピードは速いんだけど、こちらは多分休憩が少ないのね。「ウサギとカメ」状態で何度も抜かれては追いつくんで、「なんなんだ、このシロートは??」と思われていたかも。でもとてもみなさん紳士的で「がんばってくださいね~」と声をかけてくれました。

b0050787_7312863.jpgさて今回一番楽しみにしていたのは福良港に最近オープンしたと足湯。渦潮クルーズの咸臨丸の出航を眺めながら温泉に足を浸して・・・ムッチャええ気持ち~。ナント無料です。b0050787_732140.jpgこれと淡路名物・オニオンケーキ、あわぢびーるですっかりリフレッシュ。

この後さらに鳴門岬に登ってから、西海岸サンセットラインをまさに沈む夕陽を眺めながらペダルを踏む。再び岩屋港に戻ったのは夕方6時。
いや~、楽しかったね~。でもお尻イタイ。それに淡路島が快適サイクリングだっただけに、この後明石から大阪までの「街走り」を思うとぞっとする。
・・・なんて思いながら乗船待ちの間にこの日初めてのまともなお弁当で英気を養った。フェリーに乗るとウトウトと眠気が・・・。いつ出航したのかも気づかないまま「お客さん、着きましたよ」と起こされてしまった。

さてここからがオクトーバーラン個人優勝のかかったジャッキーさんと私の「ありえへん」ワールドだ。
「このまま豊中に帰ったら265kmにしかならないね」
「遠回りして300kmにしちゃおうか」
さっきの弁当+レム睡眠で超回復現象が起こったのか?愛と勇気と希望にあふれたペダリング・ハイ!状態で夜の国道2号線を東へ東へひた走る。
大阪城をまわって豊中の服部緑地にもどり、いつものホームコースをさらにグルグルグルグル爆走してついに300kmを越えた!時はすでに午前0時を回っていました。

最後に乾杯しようと思ってたラーメン屋も閉まってた。でもコンビニでお湯いれてもらったカップ麺、忘れられない味になりました。
オクトーバーランもいよいよラスト!最後の一秒までとことん遊びますよん。
by runmama | 2006-10-31 08:21