人気ブログランキング |

楽しいジョギング教室~生駒マラニック

b0050787_1022799.jpg夏休みラストサンデー。
北海道マラソンではチバチャンが引退宣言。今月末で閉園の奈良ドリームランドも満員の家族連れ・・・あんまり関係ないか。神鍋高原マラソンの結果はいかに?

私達は「関西のボウルダー」、生駒山を走りに行った。
大教大公開講座・楽しいジョギング教室、初めての学外講習会だ。
「目指せホノルル!」とジョギング教室を受講されている方およそ30名に夕やけランのメンバーや三村ゼミのスタッフが加わり、3グループに分かれて生駒山麓公園ふれあいセンターからなるかわ園地を目指してスタートしたのが午前10時。すでに陽射しは強く、暑い一日が始まっている。
大学の講座ってことであまり早い時刻の集合がかなわなかったが、本当はもっと早くスタートした方がいい。実際、生駒の常連さんと見られるグループがいくつか、早朝から駆け出していくのに遭遇した。
ここ数年、生駒でトレーニングするランナーが増えてきた。世界のランナーが集うアメリカ・コロラド州のボウルダーにたとえられる所以だ。管理道にはどこぞの誰かが記した500m毎の距離表示まである。ボウルダーのような高地ではないけれど、時に厳しいアップダウンを活用して脚筋力と心肺能力の強化に取り組む人、山桜、つつじ、紫陽花、椿、季節ごとの花々を楽しみに来る人、大阪平野を一望する雄大な眺めは一年中保障つきだ。

b0050787_10125243.jpgさて、ジョギング教室の皆さん、今日は3時間、自分の足で動くことに挑戦。距離やスピードは二の次だ。給水ボトルを携帯して走るのもl初めてという人もおられる。
私とスタッフの上田クンとでコース途中の暗峠(くらがりとうげ)に先回り。クーラーボックスに冷たいドリンクを用意して皆さんを待ち受けた。
通りがかりのハイカーさんの「これ売ってるの?」ってな視線を感じる。売ったらええ商売になったやろなぁ。・・・でも常連ランナーさんはもちろん、ハイキングの子供やお年寄りも、必要な飲み物食べ物は自分で背負って登ってこられる。20kmのマラニックで給水サービスはチョット甘い!かなぁ~とホントは思う。
b0050787_10173818.jpgだけど受講生の皆さんもきっと、すれ違うランナーやハイカー、そして今回サポートしてくれたOBランナーを見て、何か学ばれることがあったと思う。ホノルルへの課題も見えてきたと思う。
必ずホノルル完走に活かしましょうね!
給水して元気いっぱい、さあ、もうひと頑張り!と駆け出していく後姿に私も心からエールを送った。

それにしても無事に全員がゴールしたわずか30分後、突然の大雨。山はこれが怖いんだよね。1時半のゴール設定は絶妙だったかも。あるいは「晴れオンナ・佐藤」、「夕やけランのジンクス」復活か?
参加された皆さん、お疲れさまでした&ありがとうございました。
by runmama | 2006-08-28 10:26