人気ブログランキング |

ロスタイムは1分に!防府読売マラソン詳報

コンビニのドアを開けた瞬間に後悔した。
「トイレ貸してもらえますか?」「どうぞ」
店員さんは笑顔で答えてくれたけど、トイレがあいてるとは限らない。
ロスタイムは1分が限度、先客があれば万事休す、だ。
確率的にはガソリンスタンドにすべきだった・・・。

b0050787_1719058.jpg防府読売マラソンの結果が大会サイトに出ている。
優勝は九電工の吉橋慧、2時間17分12秒、カネボウの松山孝、タンザニアのゲツリ・バヨが同じ17分台で続いた。

前夜から降り始めた雪、朝になると道路が凍っていた。
駅前のホテルはマラソン出場者がほとんどで、朝食を食べながら「レース中止になるんじゃないか?」とみんな心配している。
が、招待選手呼んでテレビ中継まである大会だ、全力で除雪作業をしてレース開催にこぎつけるはず。
私たちが心配すべきは自分のレース計画だ。
実際、ペース設定やウェア・シューズの見直し、DNS(出場回避)も含めて周りのランナーには様々な動きがみられた。

b0050787_1720219.jpg私はランシャツ・アームウォーマー・手袋・ランパンで出場、帽子はなし。
271番のナンバーをもらっていたがグズグズしていてその場所に入り込めず、一番最後尾に並んでスタートした。
それにしても600人近い男性がスタートラインからビッチリと真四角のおしくらまんじゅうになっている様子はなんとも異様だった(笑)。

入りの5kmは20分9秒、10kmは40分3秒、予定より少し速い。
しかしこの時たまたま前後からはずれて一人になりそうだったので、ちょっと頑張って前のグループに追いつく。
ちょうど向かい風だったので集団の後ろにつくことができてホッとした。
15kmで1時間20分20秒、集団でラクに走れたが少しペースが落ちている。
弧線橋の上り下りで集団がバラけた。
みんなそろそろ22.1kmの最初の関門が気になってペースを上げている様子だ。

ところがこのあたりから妙にお腹が張ってきて、うまくペースが上がらない。
前の晩一緒に食事をしたKさんが「頑張りましょう!」と言って抜いて行った。
ずっと真後ろにいたみたい、もう!背が高いんだから前に出て風除けになってくれたらよかったのに、プンプン。
ともかく私は25km、二つ目の関門を15秒前に通過し、トイレに入るなら今しかないと決心した。
そして最初に目に入ったコンビニに駆け込んだわけだ。

個室の鍵はかかってなかった。
ラッキー!とドアを開けると、ナント!!
小学生のボクが今まさにズボンを上げようとしているところだった。
「あっ、ゴメン!!」
ボク、恐かったやろうなぁ~、ホンマ、ゴメン。
私のマラソンの格好と必死の形相に驚いて声も出ず、ズボンのベルトもそこそこに逃げるように便器を譲ってくれた。

その他のトラブルもあってトイレのロスタイムがおよそ2分。
コースに戻ると、目の前を最終ランナーがゆく。
これまた昨日新幹線でご一緒したNさん、私が最後尾車両のさらに後ろから現われたのでビックリされていた。
そこから一人、また一人と猛追を始めたが、まさかまさか、今度は同じチームのOさんを捕らえる。
トレーニングはとても順調だったが直前に出張が続いてキツかったようだ。
私が追いついて少し元気が出たとのことで、同じ黄色いユニフォームで30kmまで並んで走った。

30kmを30秒前に通過、とりあえず目標地点までは来た。
先週の夕やけランで一緒に走ったEくんにここで追いついたが、OさんもEくんももうペースが上がらない様子。
キロ4分にペースアップしなければ次の関門は通れない。
私もさすがにそれは無理、ラスト5kmと決めて走り続けた。

体調不良などで自らリタイアしたことは何度かあるが関門にかかるのは初めてだ。
大きなゲートがガシャーンと閉まるようなイメージを勝手に抱いていたが、35km地点にはグリーンのスタッフジャンパーを着たおじさんが優しい顔で待っていただけだった。
2時間25分30秒、自分でストップウォッチを押して私の防府読売マラソンは終了、「お世話になりました~」と挨拶してバスに乗り込んだ。

結果的にはトイレのロスタイムを除けば5kmあたり20分~21分で走りきった、本当にいいペース走をさせて頂いた。
集団に乗せて行ってもらうことも体験できたし、トイレ入るならガソリンスタンド、ロスは1分以内というのも学習した。

b0050787_1720385.jpgだって準優勝の松山選手も途中で「トイレ休憩」をとったようだが、ロスは40秒、そこから猛烈に追い上げたのはさすがだ。
カネボウ防府工場の閉鎖が決まって陸上部も移転するとのこと、松山選手は最後の地元優勝を狙っていただけに残念だったが。

仲間内ではいつもクレバーな走りをするMさん、伴走仲間のBさんが自己ベストを達成、新山口でうれしい乾杯をした。
来年は私も完走するぞ!
by runmama | 2005-12-20 17:21