オニツカタイガーはブランドショップ

b0050787_1527281.jpg先月オープンした心斎橋の「オニツカタイガー大阪」に行った。

現アシックス会長の鬼塚喜八郎氏が1949年に創業した「オニツカ」は、まずバスケットシューズの製作から始めたそうだ。
その鬼塚会長には大学生時代、大変お世話になった・・・といっても個人的にお世話になったのではなく関西学生バスケットボールの発展に、連盟会長として多大な尽力を頂いたのだ(今現在も)。
私の在学中にも神戸ユニバーシアードなどの大きな大会があったが、私たち現場の学生役員をも大変かわいがって下さった。
まあ学生一人一人の名前までは覚えて頂けなかったが、私はいつも「そこの色の黒い元気な人」と呼ばれていた(笑)。

さて、オニツカタイガー大阪店。
ブランドショップのような店内には、ディテールに当時の懐かしいテイストを残しながらも、今風にアレンジされたウエアやシューズが並んでいた。
あ、これらは機能的なスポーツウェアではなくて、カジュアルウェアです。
お客さんもランシャツランパンの人ではなく、オシャレなお姉さんとかが多かった。

b0050787_15332381.jpg中学~高校当時に来ていた二本線のジャージ(あの、ファスナーを上まで閉めるとタートルネックのセーターみたいになるの、好きだったんだよね~)か、例のリンバーモント復刻版、どちらにしようか迷ったけれど、通勤(ランじゃないよ、パンツスーツでの電車通勤とかね)に使えそうな濃いブラウンのリンバーモントを買った。
このアメゴムみたいな靴底が懐かしい・・・でもしっかりアルファゲルが入っていて、この20年のシューズの進化を感じるのだった。
[PR]
by runmama | 2005-09-08 16:21