人気ブログランキング |

曽根~妙見マラニック

b0050787_22232134.jpg昨日の日曜日は曽根~妙見往復56kmのマラニック。
毎年この時期に行なっている、プライベートなロング練習会だ。
サロマや富士登山競争を予定している人、フルマラソンへの脚づくりにロングをとりいれる人、四の五の言わなくても要するに山が好きな人(・・・私?)などなど16名、サブスリーレベルの練習仲間が集まった。
この人数、この距離でも、走力の近いメンバーだとまとまって走り切ることができる。
終始小雨の気象条件も考慮して「ペースを落としてもいいから休憩を短く、テンポよく」の方針で
走った結果、56kmを休憩含めて6時間50分、実走5時間25分で走破した。
・・・まあ、最後まで守られたのは「休憩を短く」ってとこのみだったけど(笑)。
b0050787_22242641.jpg
呼びかけ人の私としては、初めから競争になってしまうことを避けるため、往路では敢えて悪路のトレイルを楽しんで頂く。
「うわ~、これは走れんわ!」皆さん文句を言いつつも楽しそうだ。
妙見山頂では長めの休憩をとってうどんを食べる人、ビールを飲む人、少し先のスーパーでコロッケをほおばる人。

そして復路の高山、3キロ弱の上り坂、先頭を行くSさんが遠慮しているようなので、私がスーッと前に出て「きっかけ」を作ってさしあげた(笑)。
さあ、バトル解禁だ!
満を持して後方から追い上げる別大ランナーのKさんに先週の鯖街道4位のNさんが食らいつく。双方簡単には譲らない見事なバトルだった。
後に続くランナーもそれぞれの位置で、それぞれの目標を持って、この日最も厳しく最も重要なトレーニングを消化した(私もこの区間では平均心拍162のレッドゾーン)。

・・・と思っていたら、「何言うてんねん、勝負はここからや」とばかりにこの後の下りコースでブッ飛ばすTさん。
ライバルTさんには負けたくないし、私もついついヒートアップで再びレッドゾーン・・・下りやのになんでやねん!
結局、復路のバトルは箕面駅まで、いやいや曽根駅まで続いたのだった・・・来年は市街戦は禁止にしよう。

ゴール後は近くのたこ湯で汗を流し、服部駅前の正宗屋で乾杯。
走って飲んで語って・・・贅沢な一日だった。
皆さんありがとう、お疲れさまでした!
b0050787_22255584.jpg

by runmama | 2005-05-23 22:37