人気ブログランキング |

国際グランプリ陸上大阪大会

b0050787_161012.jpg昨日は大阪市・長居陸上競技場で国際グランプリ陸上を観戦した。
これはIAAF(国際陸上競技連盟)が今年開催する屋外競技会35大会の第三戦で、トップアスリートは世界を転戦しながら年間のワールドランキングを競う。
男女15種目が行なわれ、日本選手にとってはヘルシンキ世界陸上の代表選考会をも兼ねているため、今回はハイレベルな競技が期待されます!という触れ込みだったが・・・。
看板であったはずの室伏広治、末續慎吾、両選手の欠場が前日に発表されて非常に残念。
会場では棒高跳びの澤野大地選手に人気が集まったが、4日前に日本新を出したばかりで今日も・・・と言うわけには行かないよな。
兵庫リレーカーニバル、織田記念(広島)、静岡国際・・・とGWに開催される日本グランプリシリーズの後になってしまう大阪GP、今回は裏目に出たかも。

それでも棒高跳びの選手が6mに近いバーを越えるたび、あるいはハンマーが高く弧を描いてフィールドに落ちるたび、「おお~っ」というどよめき。ナマ観戦の迫力だ。
女子走り幅跳び・花岡麻帆選手の日本記録タイ(追い風参考)、男子400m・高校生の金丸祐三選手が3位、これは見事だった。
by runmama | 2005-05-08 16:38