「ほっ」と。キャンペーン
ダーティー・ハニーとゆく☆
ダイヤモンドトレイル


いよいよ最終章
槇尾山から紀見峠へのコース
まもなく募集〆切です。

白くそびえていた屯鶴峯の奇岩群
真っ赤に燃えていた葛城高原のつつじ
今度は金色に輝く岩湧山のすすきの穂
そしてその山頂からの360度開けたパノラマを
皆さんにお見せしたい!!
b0050787_22173735.jpg


b0050787_22175998.jpg


b0050787_2218223.jpg



はじめてこのルートを走りながら
「ここに地球を走る会の皆さんをお連れしたいなぁ」
ふと思いついた時のことを昨日のように思い出す。

…3回に分けたらちょうどいいボリュームになるんじゃない?

…屯鶴峯や槇尾山ってダイトレの起点なのに、あまり行かないよね

…交通の便、悪いしなぁ

…じゃ、クラツーさんにバス出してもらえばいいんちゃう?

みんなのアイディアがどんどん膨らんで
ついに3回シリーズのダイトレ・ツアー実現にこぎつけた。

いよいよ最終章、これで完結。

b0050787_22184937.jpg
第2回のゴールだった紀見峠を
今度は反対側から目指します。
そこにたどり着いたとき、まるでトンネルが貫通したような感動を覚えますよ。

ぜひご一緒しましょう!

お問合せは「クラブツーリズム・地球を走る会関西」まで
TEL06-6447-2221(月~土 9:15~17:30)  
[PR]
by runmama | 2009-10-27 22:22
b0050787_1048428.jpg10月25日(日)
福岡・大濠公園で
アシックス・ランニングクリニック
開催させて頂いた。


男性・女性、
初級の方から
ベテランランナーまで
ご参加くださった方はさまざま。

でもおひとりおひとりとお話できて、私の方が学ぶことも多かった。

お客様どうしも和気あいあいとクリニックのムードを盛り上げて下さって
博多っ子ランナー温かさを感じた一日だった。

b0050787_1053675.jpgお世話になった
ステップ陸上福岡店
KさんとNさん。


b0050787_10591590.jpgいよいよマラソン、
駅伝シーズンとあって
市民ランナー
学生陸上部員さん
ご来客は引きも切らず…。

レディスコーナーが
とても充実しているのも
印象的やった。


お店全体がめっちゃ忙しそうな中、
貴重な戦力をクリニックの方に預けてくださった
店長・佐々木さんにも大感謝!

福岡の皆さん
またきっとお会いできるチャンスがありますように!
[PR]
by runmama | 2009-10-26 11:02
b0050787_17342066.jpg

b0050787_17342063.jpg

かわいい飛行機で
博多に行ってきました。
ラーメンうまかった♪
[PR]
by runmama | 2009-10-25 17:34
b0050787_1152111.jpg
葛城山への登山道が大きな台風で崩れてしまったとか。
槇尾山や岩湧山はどうだろう?

大丈夫だったよ。
木が倒れたり、枝が落ちていたり、少し通りにくいところもあったけど。
すでに地元の皆さんが整備して下さったところもあって
通れないところはなかったです。

b0050787_1154592.jpg

槇尾山観光センターも満願寺・施福寺にお参りする人で賑わってました。
おみやげに「杖ようかん」買ったら、ミカンをおまけしてくれたよ。
[PR]
by runmama | 2009-10-25 01:28
b0050787_0442529.jpg
ウォーキングとランニングの違いは何でしょう?
「・・・・・・」
いや~、いきなり正解言っちゃ面白くないじゃないですか(笑)

東京マラソンは今年もタイヘンな倍率。
抽選結果に悲喜こもごも?

当たった人も当たらなかった人も
イチからマラソン・トレーニングご一緒しましょう。

b0050787_1122514.jpg

今シーズンはショートパンツにチャレンジ。
…って、中学の頃に履いてたランパンとどこが違うん???

[PR]
by runmama | 2009-10-25 01:12
転倒後は指差し点検、って…
ホームの駅員さんかえ?

日刊ランナーズに掲載されてました(笑)
b0050787_21305864.jpg
[PR]
by runmama | 2009-10-19 21:31
b0050787_11174171.jpg
海へ向かって走れ~ふたたび!

このコースは3年ぶりかな。
今回も大勢ご参加いただきありがとうございました。

b0050787_11181232.jpg
桜ノ宮から
大川~淀川~神崎川~旧・大野川~そして再び淀川へ。
全行程33km。

特に神崎川沿いを走る間は
東海道新幹線
阪急京都線
阪急千里線
城東貨物線
JR東海道本線
地下鉄御堂筋線
阪急宝塚線
阪急神戸線
JR神戸線
次々と鉄橋の下をくぐって行って…

最後のゴールは阪神西大阪線。
ずいぶん遠くまで来た気になるよね。

いや、ほんまに遠くまで来たんやけど(笑)


海へ来たぜ~! 夕陽の海に。
みんなの笑顔サイコー。 シルエットだけど(笑)
b0050787_11171249.jpg

[PR]
by runmama | 2009-10-19 11:33
b0050787_8575113.jpg10月17日(土)
楽しいジョギング教室では
加圧トレーニングの紹介。

右手の怪我もあるので
体験会は遠慮したけど…

b0050787_8571223.jpg加圧によって
成長ホルモンの分泌を促し
組織の修復を早める効果も
…だって。

やってみればよかった!

自宅でできる
加圧トレーニングウェア、
詳しくはゼノアのHPで。


ちなみに私の右手は、かなり腫れも引いて、一応の急性期を脱出かな。
大学の授業では卓球を左手でやってみたら、これがなかなかGOOD♪
右手よりむしろ素直にラケットがスイングできてたりして。
やっぱ、力を抜くってこと、大切なんやね~。

これこそ怪我の功名、ですな。
[PR]
by runmama | 2009-10-18 09:08
b0050787_15415183.jpg

ハセツネ ゴール直後の写真 (Iさん提供)

確かに中指が外向いてる。
いろんな人に聞かれて
骨折じゃなくて脱臼だったから、そのままゴールまで帰ってきたって説明したけど、ホントは少し言葉が足りなくて…。

転んだあと異変に気づいて手を見た。

まず皮膚を骨が突き破る複雑骨折ではなかった。
単純骨折だとしても、激痛でショック症状になるはず。
折れてないと思った。

それでここまで変形するなら脱臼だろう。
でも、脱臼のついでに剥離骨折や、靭帯や関節胞の損傷が大きければ
やはり見る見る間に腫れてズキズキしてくるはず。

もしそうであれば
走る=血液循環を促す=ますます腫れを増長させる
男前な根性だけでゴールを目指せるもんではない。

通りかかったランナーにお願いして大会スタッフに連絡してもらい
自分はその場で、または少しずつ歩きながら、救護を受けられるのを待ったと思う。

レースでなければそもそも単独行は避けたいし
最低限のファーストエイドを携行して
落ち着いて正しい判断をしましょうね~。

大阪に帰ってから病院に行った。
もちろん脱臼だが、やはり小さな剥離骨折があった。
大きくはないが腫れや内出血も。
2週間もすれば治りそうです。

ご心配をおかけしました!
[PR]
by runmama | 2009-10-15 16:11
b0050787_2226161.jpg
2009年10月12日 朝 武蔵五日市会館まほろばホールにて
第17回日本山岳耐久レース表彰式
左から女子準優勝・鈴木博子選手、優勝・星野緑選手、第3位・佐藤光子選手…
ん?サトウの右手が???

 ####
b0050787_22114782.jpg

…なんじゃこりゃあぁぁぁっ!!
金比羅尾根の暗闇に
あのジーパン刑事の最後を彷彿とさせる呻き声が響いた(ような気がする)。

 ####

07年 終盤は膝が痛くて痛くて泣きながら走った。11時間02分 第3位。
08年 最後は笑って走れたがスパートの余力はなかった。10時間13分 第6位。
今年の目標は…
ラスト10㎞スパートしてGPSの電池が切れないうちにゴール。
ズバリ10時間切りやっ!!

b0050787_22271463.jpg
今年も快晴、気温も高い。

午後1時のスタート。
ジャッキーさんはあっという間に見えなくなり
まーさん・Ryuさん・私が前後しつつ第1関門を目指す。

それにしてもこの日は暑かった。
序盤からすでに目標達成には危ういペース。
それなのに、いつになく大量に水を消費している。
ハイドレの残量を心配しながら三頭山を登るのは本当につらかった。

月夜見の第2関門でスポドリ1.5リットルを頂いた。
スタート時に1.7リットル入れておいたのがほぼ空になっていた。
この時点で女子4位。

しかし、応援の方から不穏な情報を聞く。
「ジャッキーさん、ヘッドライトが壊れてハンドライトだけでしたよ」

まーさん、Ryuさんも何故か追いついてこない。

皆いろいろありながら闘っているに違いない。
がんばろう。
数時間後にはゴールで肩をたたきあえるはずや。

 ####

このコースの最高峰は三頭山やけど
私は月夜見を過ぎてから御前山への登りが一番長くてキツイと思う。
すっかり気温は下がっているし、水の心配もないのに。

まあ今シーズンは「じっくり長く動く」ことを徹底的にやってきたんやし
やっぱり練習を裏切るレースをしたらあかんよな。
じっくり確実に登ろう。

でもそれで逆に足が温存できたか、下りが今までになく快調。
今日は一度も転んでない!

そういえば去年はこの笹尾根で転んだよなぁ。
このガレ下りでは足が止まってた…。
そんな場所をひとつひとつクリアするたびにうれしくなる。

 ####

60キロ地点、日の出山。

ここでスタッフは必ずこう言う。
「あとは下る一方だからね」
膝の痛い一昨年は恨めしい気持ちで聞いた。
今年は眼下に広がる新宿の夜景ぐらい、その言葉がキラキラと響いた。

行くぜ~!!

ほどなく、先頭を走っていたはずの今泉選手を抜いて3位に浮上。
トライアスロンから転向したばかり、20代の今泉選手。
あなたにはまだまだ未来がある。
今日はアタシにゆずってね♪

さあ、ガンガン下るぜ~!!

…と調子よく飛ばしていた矢先、比較的フラットなところで今日初めての大転倒。
木の根に足を引っかけたらしい。
漫画のひとコマのように大の字のまま地面に叩きつけられた。

「大丈夫ですか?」
「ありがとう、大丈夫です」

気遣ってくれたランナーが駈け去ったあと、何か右手に違和感があることに気づく。

「…?」
実際には叫び声も出なかった。
右手の中指が第2関節から、あらぬ方向をさして折れ曲がっていた。

 ####

骨折?
脱臼?

指先の出るグローブをしていたので、その根元がどうなってるのかわからない。
が、出血もなさそうだし、
ズキンズキンと響く痛みもないし、見る見るうちに腫れてくる様子もない。

少なくとも皮膚を破る複雑骨折ではなく、
たぶん一瞬のうちにキレイにはずれた脱臼らしい。

走れる。
ゴールできる。

走る。
ゴールする。

ノンサポートのサバイバルレース、それがハセツネの原点
…大会会長の言葉だ。

たぶん残り7キロほどの地点。
二度出場したぐらいでは細かいところまで覚えてなかったが
最後までこれでもかこれでもかというぐらい、
木の根、岩、深く抉れた溝と悪路が続いた。

再び転ばないように慎重に
でも目標の一つだった精一杯のラストスパートをする。
GPSの電池も切れてない。

転倒してから50分。
長かった!

10時間45分30秒。
タナボタの女子総合3位を、意地で勝ち取った。

アホやなぁ…と我ながら思った瞬間、ちょっと涙がにじんだかな。

b0050787_22274587.jpg
…てなわけでゴール後は
メディアさんの取材に応える間もなく
医務室へ直行~。

ドクターが
「ちょっと痛いよ」と言いながら、
ぎゅー、すっぽん!
って感じで整復して下さった。

マッサージコーナーで
金髪のボランティアのお兄さんが
アイシングの氷をいっぱい下さった。

「どうしたの、またケガ?」
割箸でササッとシーネを作って手当てしてくれた
ゴールドウィンの田口さん お世話になりました!

指がトンデモナイ方向を向いている証拠写真は残念ながら、なし。
まあ世にもグロテスクな光景やったし、見ない方がいいかも。
エクソシストで少女の顔が180度反対向いてたみたいな(笑)

b0050787_22281714.jpg

今年の大会プログラム。
昨年優勝の山本健一選手は
バックパックに奥さんがお守りを縫いつけて下さるらしい。

私も近所の服部神社の「足のお守り」を身につけてレースに臨む。
大阪国際女子マラソンの頃からの習慣だ。

トレランでは「手のお守り」も必要やね(笑)

 ####

ちなみにこのプログラムの表紙を山本選手とともに飾っているジャッキーさんは
やはりヘッドライト故障のトラブルを乗り越え37位のゴール。

まーさん、Ryuさんも、私の少しあとに無事帰ってきた。
やっぱ、頼もしい仲間たち。
お疲れさんでした!
[PR]
by runmama | 2009-10-14 01:04