b0050787_1655776.jpg昨日3月30日は夕やけランの行事でお花見ランとバーベキュー。
大和川~石川沿いのいつものコース25kmをゆっくり走った。

石川桜堤のソメイヨシノは七部咲き、しかも冷たい雨とあって、花見の宴をするグループもほとんどなし。
私たちにとってはむしろ、整備されたサイクリングロードを独り占めして快適なランニングとなった。

b0050787_1653721.jpg石川河川敷公園は、理科や社会や国語の勉強ができるおもしろスポットがいくつもある。
太陽系の惑星広場、西行法師の歌絵巻、河内の国と日本の歴史年表。
「ふむふむ」「なるほど」
地元エミューさんのガイドも堪能させてもらって、3時間のランを楽しんだ。

b0050787_1662028.jpg国分・国豊橋へ戻るとバーベキューの準備はすっかり整って…
裏方に回ってくださった、やはり地元のBOSSさんはじめ皆さんありがとうございます!

新メンバーのDさんは玄人はだしのバーテンダー。
国豊橋のたもとになんとも粋なショットバーが出現。
バーボン、ウォッカ、各種リキュール…それはええけど、豆乳?ザバスのプロテイン?メダリスト?
ちょこっと怪しいけど、ランナー御用達のカクテルを次々と作ってくださった。

b0050787_1663628.jpgこれは?
ウォッカ+トマトジュース+メダリスト(クエン酸やんね?)
その名もブラッディ・サトウ♪

マイッタわ~。
[PR]
by runmama | 2008-03-31 16:08
b0050787_2302075.jpg今日は水のある風景をたどってみた。







b0050787_2305397.jpg日曜日のトレイルレースのダメージは思いのほか大きかった。
筋肉やら内臓やらあらゆる細胞に、小さいけれど数え切れないほどのキズができちゃったのだろう。
今私のカラダの中では、コビトさんたちが総動員でキズの補修作業をしてくれているにちがいない。
こんな時は作業を邪魔せずおとなしくしているに限る。

でも3日も動かないでいると逆に中から破裂しそうな気がして…せめてハイキングっと。
ま、ちょこっと早足やったけど。


b0050787_2314235.jpg轟々と流れる滝の音が、いつか柔らかなせせらぎに変わり、そのせせらぎさえもあるところでふっと消える。
深い森の霊気の中に吸い込まれたかのようだ。
…あ、ここが源流なんだね。
土の間から細い水がちろちろと流れ出ていた。





b0050787_2322650.jpg見晴台から下界を望む。
あんな小さな始まりが、いくつもいくつも合流してついに大きな河になる。
そしてずっとずっと先の海にそそいでいるんやなぁ。
水の流れを辿ってその行方を見届けて、心あらわれた一日だった。



b0050787_2324879.jpgさ、暗くなる前に家に帰ろう。
そしてオンザロックスを静かに飲むのさ。
駅のホームに流れていた「夜が来る」のメロディを思い出しながら。

♪♪♪
わかります~? やるなぁ、JR島本駅。
[PR]
by runmama | 2008-03-28 23:16
3日たったけどまだ夜はうなされてる。
あの恐ろしい岩尾根、右も左も絶壁のような稜線を駆けている私。
あっ!と思った時には片足を踏み外して…そこで夢から覚める。
ふぅ~、生きて帰れてよかったぁ。

3/23(日)、愛知県民の森周辺で行われたOSJ新城トレイルレース32kmに出場してきた。

前日は余裕を持って到着、湯谷温泉でのんびりできたのがよかったのかな。
朝もすっきり目覚めて、アップをしていても調子よかった。
社会人のスポーツって、いっつも仕事に追われてギリギリのスケジュールの中で競技に出たりしがちやけど、それが一番キケンやなぁと思う。

しかし、もしいつものように余裕ゼロでレースに臨んでいたらどうなってたやろ?!と思うぐらいの難コースやった。
OSJの滝川次郎さんが「トレイルのあらゆるサーフェイスが詰まってます」と仰っていたが、まさにそのとおり。
滝川さん自身が、案内表示を設置しに行って捻挫してはるんやもん(!)

b0050787_16262333.jpg私もガッチリ系のシューズ(トラブコ)と、動作が最小限に抑えられるような補給の装備を整えて出陣することにした。

幅の広い林道や、杉木立の中の優しい小径もあったけどね。
でも、今思い出されるのは、で、夢に出てくるんは
巨大な岩を上り下りする尾根
そこに掛けられた鉄の階段
崩壊した花崗岩のガレ
熊笹に隠れた木の根のトラップ…

はじめの登山道に入ってすぐに女子トップに立ったんやけど
岩踏み外して足首捻挫
木の根に足とられて転ぶ
急斜面に半身ずり落ち這い上がる…
前半のうちにすでに血まみれ泥まみれの状態。

でもそれ以外では装備や行動にロスはなく、筋力もエネルギーも順調。
どうやら女子1位は確保できたみたいやし、後は転ばないことを最優先に行こう。

…と考えたのが甘かった~!!
なんとラスト3キロになって後ろに見えてきた小川選手。
そこはまだ大きな岩場を登ったり降りたりの難所。
これを逃げるのはホントにキツかったし、怖かった。
最後はゴール会場から
「女子のトップは僅差の争い、さあどっちが勝つか~?!」なんてアナウンスが聞こえる中、
木立の中の九十九折れ急降下をカッ飛んで、逃げた逃げた、逃げ切ったぁ~!!

b0050787_1812425.jpg30秒後にゴールしてきた小川選手と思わずハグしちゃったよ。
優勝はうれしかったけど、ホント、生きて帰れてよかった。

ジャッキーさんも40歳代優勝。
トレイルレンジャー、幸先よい開幕戦でした!
[PR]
by runmama | 2008-03-26 18:08
今度の日曜日は、夕やけランの皆さんと石川お花見ランの予定。
地元メンバーさんから「つぼみ膨らむ」の情報も寄せられ、当日が楽しみ♪

で、一足先に佐藤家にも「サクラサク」の便りが届きました。
愚息ですが、おかげさまで大阪府立M高校に合格いたしました。
いつも気にかけ、励まして下さった皆さま、ありがとうございました。
よい報告ができてホッとしました。

午後からの説明会には保護者も一緒に登校せよとのこと。

息子 「トモダチと自転車で行くわ」
母   「母さんも自転車で行ったら、トモダチ引く?」
息子 「どんびきやな」

クロスバイクにサイクルスパッツでは行けへんっちゅうねん!!
でもいつもトレランで駆け回ってるお山の麓やし、走って行くのが一番便利やねんけどな(笑)
[PR]
by runmama | 2008-03-25 00:49
b0050787_1182586.jpg

おかげさまで優勝しました。
32キロを5時間かかったレースもキツかったけど、270キロのドライブも辛かった~。
ようやく帰宅してひとり静かに祝杯です。
詳細は後日、とりあえず呑ませて~!
[PR]
by runmama | 2008-03-24 01:18
大阪梅田の阪急イングス館2回にアシックスショップがオープンしました。
ファンランからアスリートまで、ランニングを愛するすべての方へ…

この週末、ぜひ行ってみてね~♪
[PR]
by runmama | 2008-03-21 22:36
b0050787_1472359.jpg19日水曜日、午後は春の嵐やで~という予報にめげず、黄レンジャー・桃レンジャー、大阪北部エリアにて特務遂行してきましたっ。

日曜日の竜仙の滝に続いて、今回は乙女の滝。
…って肝心の滝が写ってないけど、その名のとおり細い白糸のような滝だった。
でも落差は結構あったなぁ。

この日はマイナスイオン…というより氷雨のシャワーあびまくりの3時間。
誰にも遭わない山の中はいいけど、人里に下りて電車の駅につくまで30分、道路を行くクルマの中からは異様なものを見るような視線が…

でも、百円のビニールガッパから滴り落ちる雨は、熱かったかも。
Ryuさん コースガイドありがとうございました~。
[PR]
by runmama | 2008-03-21 14:08
b0050787_0293899.jpgすっかり春らしくなってきた今日この頃(花粉は飛ぶわ、黄砂は舞うわ…)。
トレイルレンジャーのみんなと東海自然歩道を走ってきた。
写真は竜仙の滝。
ひっそりとした山の中に、しかし轟々と水を落としていた。

今回はいろいろと訳ありで微妙なタイムテーブル。
まーさんは出張で夕方の飛行機に乗らなければならない。
三宮から参加のjiroさんは朝早すぎる集合はキツイ。
で、箕面駅8時半出発。25km先の萩谷運動公園へ、12時着を目指せ!

b0050787_0301773.jpgなんでかって、そこでは高槻クロスカントリーにRyuさんが出動しているんだな~。
ところが到着してみると競技進行が遅れていて、スタートは12時40分になるらしい。
「ゴールしてから追いかけま~す!」って軽~く言ってのけるRyuさんを残し、私たちは再び箕面を目指して帰路に着いた。

飛行機の時間の気になるまーさんが飛ばす。
このグループ初参加のjiroさんもピッタリ着いていく。
キツイな~と遅れ始めた私と、仕事の電話がかかってきたジャッキーさんが、完全にちぎられてしまった。

「なんやねん、そんなに急がんでも4時には帰れるやん」
不平たらたら、のども渇いてきた。
こうなったらグレたるねん。

b0050787_0305093.jpgジャ、ジャッキーさん、それはマズイんちゃいます?
あ~っ、写さんとってくださいよ~。
半分こしましょう…めっちゃウマイっすねぇ!!


b0050787_038783.jpgと、そこへjiroさん登場。いつの間にか私たちの方が追い抜いてたんやね。
まーさんは先に行ったが、jiroさんは行動食を切らしてしまい、やっとの思いでこの店にたどり着いたらしい。
3人で飲めや歌えやの大騒ぎ…はしてないが、十分に補給をして、無事4時過ぎに箕面駅に帰り着いた。

随分先に着いて待っててくれたまーさん(ごめんね~)
「それじゃ行ってきます」と企業戦士としての戦いに出動。ご苦労さんですっ。

b0050787_031145.jpg石橋の銭湯で汗を流していたら、男湯の方からRyuさんの声が聞こえてきた。
8kmゴールして年代別優勝(おめでと~!)の表彰式があって、それから荷物背負って追いかけてきたって…はやっ!!

よっしゃ~、佐藤の黒で乾杯や!
今度はテーブルに出てくる料理を次々と秒殺!でやっつけるレンジャー達であった。
[PR]
by runmama | 2008-03-19 01:48
子供の作文っておもしろい。

息子のランが小学校一年の時、遠足のことを作文に書いた。
朝起きて服を着替えてごはんを食べて歯を磨いて、お母さんはお弁当を作って…と、ありがちなことだが、遠足どころかなかなか学校にもたどり着かない。
おいおい、ペース配分考えろよ~って、ヘタなマラソンレースのようだ。
案の定、いざ遠足のことを書く段になると、集中力が切れたのだろう、どこへ行って何をしたのかろくにわからない作文やった。

でもその作文を何度か読み返して気がついた。
「お母さんは先にしごとに行きました。ぼくはじぶんでかぎをかけて学校に行きました」
ああ、そっか~、これが一番書きたかったんとちゃうか?

さて月日は流れて中学の卒業文集である。
やはりランは最後の野球の試合のことを一番の思い出として書いていた。

b0050787_9583940.jpg打席でもそれなりの仕事をして優勝に貢献したのだと、親バカで野球音痴の私は思っていたんやけど、彼の心にはひとつ引っかかるものがあったらしい。
最終回、あと一人抑えれば試合終了の場面で、セカンドを守っていたランのところに痛烈な打球が飛んできた。
その時、ランは緊張で思うように体が動かず、焦った。
すると相手の一塁ランナーが打球を蹴飛ばしてしまい、守備妨害の反則に…実はそんなゲームセットだったらしい。

もしそれがなければ、ランはエラーをしていたかもしれない。もちろんちゃんと打球を処理できたかもしれないが、ガチガチに緊張していたことは事実なんだろう。

作文の最後にはこう書かれていた。
「僕は将来このような大事な場面で緊張しない、勝負強い人間になりたいです」

今日はいよいよ公立高校の入学試験。
大丈夫、君ならできるよ。

ま、受験勉強の間も毎日お笑い番組見て、緊張していたとは思えないが…
[PR]
by runmama | 2008-03-17 10:34
b0050787_21193314.jpgさあ今シーズンのランニング教室が始まった。
第一弾は地球を走る会関西・佐藤光子のランニング教室!




b0050787_21195989.jpg今年で5年目。
常連さんも多いが、新しく仲間入りしてくださる方も。
今日も近畿一円から大勢の方が参加してくださった。
皆さんのウェアも色とりどり…春やねぇ。




b0050787_21201921.jpg今年はランニング練習会をより充実させる予定。
今日はまず大阪市内のうつぼ公園でイージーペース60分、次回はもう少し広い大阪城公園で75~90分、その次には大阪城公園を飛び出して…とだんだんステップアップしていきます。
夏には神鍋高原マラソンツアーも盛り込んで、一年通して楽しく元気に走りましょう!

ぜひ続けて参加してくださいね~。
もちろん、1回ごとの参加も大歓迎です。
[PR]
by runmama | 2008-03-15 21:21