「ほっ」と。キャンペーン
b0050787_19275087.jpg神崎川を走る。
通勤ライドもそろそろ風が冷たくなってきた。
今週末から師走やね。

でもこの時期の川縁にはオナガガモやユリカモメ、カワウ(たぶん)…水鳥がいっぱいだ。
う~ん、生き物の名前ってカタカナで書くとわかりにくいね。
尾長鴨、百合鴎、川鵜…これはこれでゴチャゴチャするなぁ。

b0050787_19281891.jpgおっ、お久しぶり、ヌートリア君。
君は外来種やからカタカナでええんや。

勝手な人間に捨てられて野生化して害獣扱いされてる気の毒なやつ。
事典を見るとたいてい番で生息ってなってるけど、君はいつも一人で泳いでるな。
ま、やたら繁殖せん方が嫌われずにすむか。

b0050787_19285918.jpg友達になろうと近づいたけど、フラレてしまった。
元気でな~。
[PR]
by runmama | 2007-11-29 19:31
b0050787_20504428.jpgセルフSSで洗車中。

その前にガソリン入れたんやけど、139円は結構安いよね♪
[PR]
by runmama | 2007-11-26 20:50
b0050787_1845320.jpgなんかオッサンが3人でケーキを囲んでます。

青レンジャー、まーさんのお誕生日でした。
おめでとう~♪

…って、そのために集まったわけでもないが。
ハセツネ終わって淀川、ソウル、福知山(Ryuさんも出てた)。
やっと一息のレンジャーたちなのでした。

b0050787_1852867.jpgしかし泡盛で酔った勢いで(なんや、ここ沖縄料理の居酒屋やったんや!)新たな計画が浮上。
今シーズンを締めくくる某レースで、レンジャー内バトルが展開されることに。
ヒーローは俺だ!主役の座、争奪戦か?
お楽しみに。

あたし?
あたしはええのよ、紅一点のゴマメやから~。
なんて、甘えてる場合か!!今は女の子も主役はる時代やで。
[PR]
by runmama | 2007-11-25 18:06
b0050787_17534490.jpg23日(金・祝)は第17回福知山マラソンの応援に行った。
今年から10kmの部も新設、一万人規模のメジャーな大会だから、大勢の顔見知りのランナーに出会うのが楽しみな一日だ。

今回はスタート後の急な下り坂・1km地点、由良川沿いに入る10km地点、そしてラスト150m急坂を駆け上った所、この3箇所に移動して声援を送ることにした。
「誰に?」って、できるだけすべてのランナーに、だ。

3箇所どこでも同じように「がんばってくださ~い」では能がない。というか、声を張り上げてる自分自身が飽きてくる。

そこで1km地点では「いってらっしゃ~い!!」「先は長いよ!」「無事に帰ってきてね~」
これ、結構みなさん反応してくれた。
おもしろいもので、まったく知らないランナーでも、ふと目が合う人がいるんよね。そしたらちょっと照れ笑いしながら「行ってきま~す」と答えてくれました!

b0050787_17491349.jpg10km地点では、先頭グループとか、友人知人の入りのペースもチェック。
先頭は唐須選手、前に一度香港マラソンでご一緒したことがある。ここでは後続を大きく引き離していたけど最後は逆転を喫して2位だった。また次回がんばってくださいね。
ここはちょっとした上りの頂上。
「この坂上ったら10kmですよ~」「給水もあるよ~」
それはともかく「さあ1/4が終わったよ~」…これは微妙な声援やったかもね。

そしてラスト42km過ぎ。
この手前1km以上にわたって続く急な坂を駆け上がってきてやっとゴールが見えるのだ。
上位のランナーであろうが何であろうが、ここはみんな苦しい。
私はちょうど上りが終わるところでみんなを待ち構えた。
「さあ上り終わったよ!」
うれしいことに、このキツイ坂を上ってきた直後にこの応援に反応する脚が残ってるランナーもいる。
b0050787_17541412.jpg2時間49分で目の前を通過していくチームの仲間に「あと30秒や!行ける!」
自分の目標に対して、ここは「あと○メートル」より「あと○秒」の方がいいんじゃないかと思った。ほんとにあと30秒でゴールに着いたかどうか心配やったけど、だいたいあってたんとちゃうかな?
今日は伴走出場のジャッキーさんと、ブラインドランナーのW田君も元気に駆け上がってきた。W田君、初マラソンにして3時間7分の快走。お疲れさま!
[PR]
by runmama | 2007-11-25 17:55
b0050787_895359.jpg

第8回ソウルウルトラマラソン100km、8時間44分55秒で優勝(公式サイトにはネットタイム8時間44分47秒が表示されている)。
漢江(ハンガン)沿いの完全にフラットな高速コース、うまく走れば7時間台が出せるはずのコースだ。でも今回は条件が整わなかった。

午前5時のスタートは氷点下3度とか。シャツを2枚重ね着してビニール袋をかぶるが、しばらくは歯がガチガチと鳴るのが止まらなかった。
5kmまでに女子の先頭に立ったが、心拍数150を超えないように慎重に走る。
アップの時に心臓が一瞬ドキッとしたのが不安で、とにかく身体が温まるまで無理は禁物と思ったから。キロ5分少し切るペースを維持。

ところが日が昇って明るくなっても身体は一向に温まらない。
漢江はとても大きな川だが意外にくねくねと蛇行していて、北東に向かうところでこの日は強烈な向い風が吹いた。
身体は前に進まず5分ペースを維持できない。
目が痛くなってきて涙がにじんでくる。その涙も(鼻水も!)すぐに凍ってしまう。
ランナーもまばら、集団が形成されないところで孤軍奮闘だ。
せめて同じ時間にホームコースでペース走をしている日本の仲間たちを思いながら、この試練に耐える。

でも3度目の出場でコースを熟知していることに救われた。
複雑なコースではないけど、単に漢江の折り返しではなく何度か川を離れて南に逸れるのだ。
そこでは一旦は風から解放されることがわかっているから、そこまでは!と頑張る。
平和なシェルターのようなこの区間で、しかしまだビニール袋は脱ぎ捨てない。
また漢江沿いに戻れば強風が待っていて、だけどそれも後5kmで待望の折り返し点65kmに到着することも知ってるもん。

まあそれにしてもこの60kmから65kmの区間はひどいものだった。30分かかってしまった。歩かなかっただけマシかな。
寒い中スタッフの皆さんが賑やかに応援してくれる折り返し点で、それまで私を守ってくれたビニール袋を脱いで丁寧にたたんでスタッフにお返しする。あわび入りのお粥もしっかり戴く。

b0050787_8105944.jpgさあ、あとは追い風に乗って帰るだけ!
すっかり高くなった太陽からの陽射しに幸せを感じながら、最後はほんの少しのスパートをかけて笑顔でオリンピック記念公園のゴールに飛び込んだ。

やはり厳しすぎる気象条件、12時間以上かけて日が暮れてからゴールする方は本当に消耗しておられた。リタイアも多かっただろう。
600名ほどの出場と聞いたが、100kmのゴールは385人、63kmは75人だった。

しかし、私自身に関していえば低調な記録は自分のコンディションのせいだ。
このソウルの高速コースには3度目のエントリー。
3年前、8時間カットを目標に初出場するも、終盤に意識朦朧となって12分の宿題が残った。
去年、高低差の厳しい鳥取にちなんで8時間8分、よっしゃ!と思った矢先のアキレス腱断裂。ソウルでは100kmを完走するのが精一杯だった。
そして今年、にちなんで8時間38分まで回復。
しかし、もうひとつの大きな目標だった山岳耐久に向けてのトレイル練習、そんな中での夏以降の体調不良。山耐では最低限の結果を残せたものの膝を傷めてしまい、ソウルまでの1ヶ月は脚を休めることが最優先だった。

下のグラフ、1本の柱が一日のランニングを表しているが、ここのところ週末のレース以外はほとんど何もせずに過ごしていることが一目瞭然でしょ。
でもこんな生活もこれで終わり。
一度しっかり休養して、日々のトレーニングを大切にする生活に戻そう!
b0050787_8113446.jpg

[PR]
by runmama | 2007-11-22 09:21
ソウルウルトラマラソン優勝への皆様からのお祝いコメント、本当にありがとうございます。
いつものことながら遠征から帰ると、たまった仕事に圧しつぶされてます~。

現地からの報告、誤字脱字、記録間違いもいっぱい。
ソウルマラソン協会のサイトに、早速、記録がアップされてます。

男子100kmは宮地敏行選手が7時間18分58秒で優勝。
男子63km、江頭徹選手は4時間29分18秒で準優勝でした。ごめんなさい。
私は女子100km8時間44分55秒の優勝でした。

今日明日にも心拍グラフをつけて報告したいと思ってます。
[PR]
by runmama | 2007-11-21 09:33
b0050787_17522729.jpg

第8回ソウルウルトラマラソン100キロ、おかげさまで優勝しました。
スタート時は氷点下まで下がった気温、身体が前へ進まないほどの強風で、記録は低調。
私も手元でや8時間45分かな?あまりに厳しいコンディションで、リタイアした片も多かった模様。
そんな中で男子100、男子63.3もにちなんおろちマラソンから派遣の日本人ランナーが優勝。
みなさんお疲れさまでした!
[PR]
by runmama | 2007-11-18 17:52
b0050787_19202992.jpg

今回も日本からの参加ランナーはソウルマラソン教会から夕食にご招待頂いた。
マラソン会場に開店したばかりのビュッフェレストラン。
ぴり辛のお焦げスープが絶品でした♪
[PR]
by runmama | 2007-11-17 19:20
b0050787_12513819.jpg

仁川空港です。
明日はソウルウルトラマラソン。朝5時のスタートは氷点下らしい。
走り続けて脚止めないことやね。
がんばりましょう♪
[PR]
by runmama | 2007-11-17 12:51
久々にコンビニ弁当ネタ。

まずはこちらをご覧あれ。
レモンとハーブのさわやか弁当
450円 411キロカロリー…かなり抑えてるなぁ。
PFCバランスは13:21:66、うん、まずまずやね。

水曜日にはS大学に、(ナント)テニスを教えに行ってる。
いやいや、テニスのコーチとして雇用されたのではなくて、いわゆる「スポーツ実技」担当なんだけど、どんな種目を開講するかは施設や用具や他の教員との兼ね合いで決めるしかないので、今期は私がテニスの授業をしているだけです。

で、そこのスポーツ関連の授業のアシストをしてくださる職員のKさんが
「センセー、これ見てください!」っと教えてくれたのがローソンの「こんなコンビニ弁当が食べたい!」学生コンテスト。
詳しくはこちらを。
なんとS大学の応募作品が知事賞を受賞、商品化第1号として今週からローソンの店頭に並んでいるってことなのだ。
なかなかやるやん。

でも惜しくも商品化を逃した作品にも気になるものが続々。
「秋満菜」「彩りゴハンサンド」「海弁~うみべん~」「べっぴんさん」
ん~、どんな中味やねん??気になる~。

この「レモンとハーブのさわやか弁当」も昼までに行かないと売り切れるみたいで、まだ食してません。販売期間は3週間。急げ~。
[PR]
by runmama | 2007-11-16 19:18