「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

セプテンバー・ランニング・キャンプ in 服部緑地
いよいよ明日8月1日からお申込みを受付させていただきます!

キャンプは9月16日(日)~17日(月)の二日間。
佐藤のホームコース・服部緑地で開催します。

キャンプって信州とか菅平とちゃうん??って思われた方、いえいえ、発想の転換ですよ!
確かに気候も空気も景色もいいところへ出かけたいけど往復だけで一日つぶれちゃう。

服部緑地は梅田から30分のアクセスのよさ、一泊二日で4プログラム、初日の朝から二日目の夕方までみっちり。おトクです。
それに何といっても「なにわのオトコマエ3人衆」
伊藤嗣朗、三浦誠司、佐藤光子・・・われながら濃いなぁ!
でも、たぶん、おトクです。

上記案内ページから申し込んでくださいねっ。
それでは今日も、服部緑地コースを地ならししときますわ(笑)
[PR]
by runmama | 2007-07-31 18:20
7月29日(日)。
予定していた夜行トレーニングを、のんびり生駒に急遽変更。4月から続いた業爆状態、国体予選の後にとうとうココロもカラダも悲鳴を上げた。ここらでちょっと「楽しく走る」自分を取り戻したい。

午前9時、Ryuさんに頂いた生駒縦走マップを手に柏原市・高井田をスタート。北へ向かって枚方市・津田まで50kmあまり、行けるかな?Ryuさんたちも今日は生駒を走っているとか。会えるかな?(結果、先行スタートのRyuさんたちには追いつけず、でした)
34℃の暑さにはマイッタけど、超スローペースでまずは高安山まで登りきる。生駒はここまで登れば、後はほとんど細かいアップダウンだけの尾根道だ。段差の大きい木段やガレもほとんどなくて六甲やダイトレより優しいと思う。

b0050787_2314512.jpg今日は時間を気にせずいろんな所に寄り道。「○○全縦、○時間○分!」なんて計ろうとするとほんの少しの寄り道の時間を惜しんでしまう。だけど、この鐘の鳴る展望台だって、せっかく来た今登っておかなきゃ、次はいつ来るかわからないもん。
ただ、十三峠から水呑地蔵尊へは結構ボリュームのある寄り道やった・・・行きは気持ちよ~くガンガン下り、帰りは・・・!



b0050787_2322387.jpgもちろん、暗峠(くらがりとうげ)へも足を延ばして峠の茶屋すえひろで冷たいビールと熱いにゅうめんを食す。暑気払いには熱いものもええんよ。それにしてもこの「日本の道百選」は詐欺やで。風情ある石畳はほんの数十メートルやん。




b0050787_23313.jpg暗峠からは一部縦走路をはずれて別の山道を行き、スカイランドいこまの園内に。お化け屋敷やジェットコースターにも寄り道したかったけどさすがにガマン。しかしここでコースをロストし、あろうことか遊園地の賑わいを聞きながら藪こきをしてしまった(汗)




b0050787_2333924.jpgかろうじて「迷子のお知らせ放送」のお世話になることもなく脱出、縦走路に復帰したところでマリオさんに遭遇した。ラッキー。生駒山麓公園・灯篭ゲートより北を断片的にしか知らなかった私たちを、そこから完璧にガイドしてくれた。先週の国体予選の時には下から見上げただけの星のブランコも初めて渡った。



b0050787_2341367.jpg最後の寄り道、国見山。実はこの時点でまたもや熱中症気味の私に気を使って、二人が「山頂、パスしますか?」・・・一瞬だけ考えたけど「せっかくやん!」と先頭切って駆け上った。いやぁ、登って来てよかった!そこからの眺めは十分すぎるくらいのご褒美だった。
しかも後は下る一方。高井田を出て9時間、黄昏迫る林道を鹿の気持ちで枚方・津田まで駆け下りた。

縦走マップはもう一駅先のJR学研都市線・藤阪駅まで続いているが、今回は津田のスーパー銭湯・スパバレイでゴール。シャンプーなど持参すれば390円。おトクです。
b0050787_2344594.jpg

[PR]
by runmama | 2007-07-31 02:40
b0050787_1253099.jpg
国体近畿ブロック大会山岳競技の成績表が監督さんから労いの言葉とともに送られてきた。
府山岳連盟のサイトに写真などもアップされている。山岳縦走5.7km、58分51秒、成年女子の部2位。女子で一番速かったのは京都の少年女子の部の選手、ダントツの強さで男子選手と競り合っていた。

7月22日(日)午前10時。
葛城山麓の水分(みまくり)神社から成年女子・少年男女の部のランナーが同時スタート。私たちと少年男子は背中に12kg、少年女子は8kgを背負っている。走るという動作にはほど遠いのだが、とにかく葛城山頂目指して「絶対にあきらめない・足を止めない・頑張り続ける」ことが今回の私のテーマだった。

前日。
星田のクライミング会場に、大阪国際女子マラソンのシャツを着たランナーが走ってきた。私と同じ助っ人ランナーなんかな?と思ったが、やたらにぎやかに周りの人としゃべりだした(ハッキリ言ってやかましい!)。誰やねん?!とよく見たらリカちゃん(仮名・・・にしとくね!)ではないか。
初めて会ったのは彼女が京都の大学出た頃だったか、2時間40分ぐらいの記録だったと思う。その後しばらくレースで会わないなぁと思っていたが、大阪のチームでまた走っていると聞いていた。
「ええ~っ? こんなとこで会うなんて!!」
お互いびっくり。さらに「私、もともと山岳競技出身なんです」と聞いてさらにびっくり。高校生の頃からずっと国体の常連選手で、マラソンの方が「おまけ」だったそうな。今年は転居の関係で出場資格が得られず、兵庫チームの応援に来たとのこと。
それから延々リカちゃんと話をした。山岳競技の裏事情(?)、縦走のザックの中身のアドバイス(ライバルやのにごめんな)、etc・・・。

でも。
リカちゃんはきっと、チームの後輩に私の情報を伝えていたにちがいない(っていうほどのもんではないが)。スタートしてすぐ、兵庫チームの選手と並んだ。走る前にはのんびりしたお嬢さんに見えた彼女、ツヨイ!どんな顔して走ってるんだ?と思うけど、まったく前に出させてもらえなかった。後で聞くと「絶対に佐藤さんには負けたくなかった」とのこと。開会式では「この人誰?」状態だった私なのにね。光栄です。
スタート前、同じチームの男子高校生に「山に入ったら勝つからね」なんて宣戦布告していた彼女。だからこそ水越峠までのロードで前に出たかったのに結局先行されたまま葛城への登山道に入った。
心拍グラフを見ると、前半ロード部分も後半トレイル部分も傾斜は同じように見えるけど、やはりあの木段は走れない。ひたすら歩いて登る。ケイデンスやスピード曲線が前半と後半でまったく違うことがわかると思う。登山道に入って少年男子の選手に何人か抜かれた。彼らも歩いてるんだけど。高校生とはいえ男の子だ、脚筋力の差やろなぁ。でも兵庫の彼女ももう見えない。私より小柄だったと思うがどこにそんな馬力があるんだろう。

だけど「足を止めない・頑張り続ける」私は、わずかな距離でもフラットなところでは「走った」。グラフで高度がフラットになっているところ、ケイデンスとあわせて見てほしい。ね?ここで高校生を抜き返す。つつじの高原の直前、朽ちた木段とぬかるみの数十メートルを下るところでは、兵庫の彼女の背中が見えた。もう少し!

b0050787_1133111.jpg
しかし。
葛城高原は霧の中。彼女の姿も再び消えてしまったが、最後の力を振り絞って走って登った。「成年女子、○○選手・・・」アナウンスが聞こえてきたと思ったら、ふっと視界が開けて意外な近さにゴールテープとギャラリーの声援。
終わったぁ~、追いつかんかった~!目の前真っ白になった。

マラソンではあまりルール違反など意識することがないが、山岳縦走ではザックの重さが足りなければペナルティが科される。スタート前に計量したザックはその後不正をしないように選手から取り上げられスタート直前に返される。ゴール後も息つくまもなくザックを回収されその場で計量。
12.08kg!絶妙な重さの合格。
前夜、宿舎で何時間もかけて一番背負いやすいように細工をしてくださったスタッフの皆さんのおかげだ。スタート前に12.07kgだったのだが「汗を吸って少し重くなるよ」と監督さんが言っていたのも、そのとおりだった。

かくして私の生涯一度の国体チャレンジは終了。
最初に話があった時には本気で考えてはいなかったし、実際にこの世界を覗いてみて???と思うこともあったけど。それはまたいずれ書いてみようと思う。とりあえずレースのご報告まで。
[PR]
by runmama | 2007-07-28 12:59
b0050787_15402787.jpg通勤ライドのコースで1ヶ所だけ、自転車かついで斜面を登らなあかんとこがある。
砂利道を避けるために。
ロードレーサーほどじゃないけどタイヤ細いし、パンクしたら困るもん。
ほんの数十メートルやし、自転車も肩に担いでしまったらそう重くはない。
・・・でも見た目にはかなり「いかつい」姿やね。

こんなんしてるから「ファイター系モデル」になっちゃうんですわ(笑)
[PR]
by runmama | 2007-07-26 15:42
b0050787_239967.jpg赤と黒の「勝負ウェア」で・・・・今日は撮影。レースより気合入ってるかも。

先週末、アシックス・ランニングサイト
Love Running Lesson のページがオープン。これから走ってみようかなという皆さんへのアドバイスを中心に、今後もコンテンツを充実させていく予定だ。メインキャラクターの銀座ランナー・大櫛エリカさんとともに、なにわランナー・サトウミツコもよろしく~。

b0050787_23393610.jpg順調にストレッチや体幹のトレーニングの撮影を終え、今度はさわやかなブルー系のウェアに着替えて屋外へ。
エアコンの効いた室内と違って、今度は大汗かいた。
・・・っていうか、汗かいたのはスタッフの皆さん。カメラマンさんを台車に乗せて、私の横を走ってはりました。お疲れさまでした~!

今日の撮影分の公開はまだ先だけど、どうぞお楽しみに!
[PR]
by runmama | 2007-07-23 23:46
b0050787_2253103.jpg7月22日(日) 国体山岳競技近畿ブロック大会、縦走競技。
成年女子の部、2位でゴールした。トップは兵庫県の大学生。5.7kmをともに58分台、敗れて悔いなし。
ゴールの後は霧も晴れて、清々しい金剛葛城の山々に心洗われる思いだった。

大阪府チームはクライミング3位/縦走2位の総合3位。惜しくも本国体への出場はならず、「中高年の星」のチャレンジ終了。
応援ありがとうございました。また詳しく報告しますね。
[PR]
by runmama | 2007-07-23 23:05
b0050787_2044747.jpgテーピングぐるぐる巻きのザックが出来上がり!
何時間もかかって汗だくになりながら仕上げて下さった監督さんたち、ありがとうございました。
[PR]
by runmama | 2007-07-21 20:44
b0050787_2242099.jpgほしだクライミングウォールでクライミング競技が行われた。
あいにくの雨、手が滑ってキツそう。ガンバ!ギャラリーからも声援が飛ぶ。

初日終わって成年女子は僅差の3位らしい。
緊張してきた!
[PR]
by runmama | 2007-07-21 15:26
b0050787_22395523.jpg
受付会場、交野市スポーツレクリエーションセンターに来た。
憧れの「大阪マーク」のポロシャツ、ちょっとうれしい。
今日はこのあとクライミング競技の応援。
[PR]
by runmama | 2007-07-21 09:05
歯医者さんに行った。
左の奥歯がかなり前から痛かったのを、忙しさにかまけて放置してた。

虫歯だらけって叱られるやろなぁ~と覚悟して診察台に座る。
と、歯医者さんが
「・・・奥歯が割れてますねぇ。何か心当たりありますか?」
「え?ないですけど・・・」
「歯を食いしばってスポーツしたとか・・・」
「う・・・・」
一瞬言葉に詰まりましたがな!

レントゲンを撮ったら、中の方が虫歯になってて、割れてるのもそのせいだとか。
よかった~、いつも笑顔で走ってるつもりやし(ホンマか?)

しかしあの歯医者さん、私のフツーじゃない日焼けを見て思わずそう聞いたらしい。
痛み止めをくれる時「ドーピングテストに引っかからないヤツお願いします」って言ったけど、ちゃんと本気で聞いてくれはった(笑)
さ、いよいよ今週末は国体近畿ブロック大会だ!
[PR]
by runmama | 2007-07-19 18:40