日曜は市営の温水プールに行った。
ここは車椅子で来て介助の人と一緒に水泳を楽しんでいる人も結構おられる。
私が松葉杖をついて受付に行っても特別変わった扱いは受けなかった。
体育館に初めて行った日は受付スタッフがとても驚いていたけど・・・ギブス姿が異様だったのかな?

しかし、実際にプールに入るまでが結構タイヘンだった。
松葉杖はロッカーに入らないし受付に預けた。歩くのにかなり時間がかかった。
カカトを上げてつま先で床を蹴ることはまだできない、足首も固まってしまって直角以上に曲がらない。右足はペタンペタンと床に置くだけ。
おまけに更衣室やプールサイドは滑り止めのために凹凸のある床財を使ってたりして、皮がむけちゃった足の裏が結構痛い。
そんな風にしてノロノロ歩いていると、あっという間に膝下から足首にかけてむくんでしまってゾウさんみたいになってしまう。
それこそギブスや松葉杖があれば傍目にも「ああ、怪我したんですか、タイヘンですね」ってわかるんだろうけど、なんだか自分で自分の格好がおかしくて情けなかった。

B’zのチョット前(かなり前?)の歌を頭ん中で歌う。
♪OH MY 裸足の女神よ キズをかくさないでいいよ
・・・ええ歌や。

30分ぐらいかかってやっと「入水」。30分水中ウォークして45分で1000mやっと泳いだ。入場時間は2時間以内・・・?!もう上がらなあかんやん。もう少し時間ほしいな。
でも水の中では不自由を感じることもなく、久しぶりにまとまったエクササイズをした~!って感じだった。
[PR]
by runmama | 2006-07-31 10:53
土曜の午前中は某大学で補講・・・このケガで急遽休んだ時の埋め合わせだ。小学校でもとっくに夏休みに入ってる7月末。あまりに暑いのでちょっと気分を変えてキンボールというレクリェーションスポーツをやった。暑さも忘れ目を輝かせてプレイする学生たち。彼女たちは幼稚園の先生を目指している。日本の若者も捨てたモンじゃないよぉ!と思う。

b0050787_1095648.jpg午後は大教大で久しぶりの夕やけラン練習会。こちらも暑い中、大勢のメンバーが参加して3分インターバルまたは60分ジョグを行なった。夕方の自主練をしていた陸上部員がすれちがうたびに「ファイト!」と声をかけている。それに応えて頑張るおじさんたち(失礼)。うん、若者も中高年も捨てたモンじゃない。

そうこうしているうちに、ようやく梅雨も明けたらしい。
ギブスの取れた私の足はまだまだうまく動かないけど、そのうち霧も雲も晴れるでしょう!

・・・にしても、夕やけランのメンバーったら、ひどい。
「あっ、ギブス取れたんですね。残念、ギブスにマジックでいろいろ書きたかったのに」
「そうそう。放送禁止用語とかね~。あれ、恥ずかしいでぇ!」
「44歳って、男やったら『後厄(あとやく)』やんね」
「なるほど、それで納得したわ~、センセ、後厄やったんや」

・・・こ、こういう中高年は「捨てた」方が?
[PR]
by runmama | 2006-07-31 10:20
b0050787_20284921.jpgギブスが取れた。
長かった~。この4週間。
家に帰って真っ先にフロに入った。

体重は・・・チョット増えました。52kg。
大腿囲は左右とも53cmで同じ。
下腿囲は左(健常)が32.5cm、右(患肢)が35.5cm・・・廃用性萎縮どころかプヨンとむくんで、左より太くなってます。

4週間、この「むくみ」が一番つらかった。朝起きた時にはスカスカなのに、ちょっと立ち仕事してるとたちまちギブスの中がパンパンに。そうなると、脛骨がギブスに当たる痛みも加わって。今日ギブスはずしてみたら、その骨のことろは小さいコブのように腫れあがっていた。
ふくらはぎの筋肉がまだ十分に収縮できないので、むくみはしばらく続くだろう。でも締め付けるギブスはもうない。ふぅ。

マイッタな~!と思ったのが足の裏。かかと全体にわたって皮膚がペロンとむけてしまった。ドクターは「ギブスの中、蒸れますからねぇ」と同情して下さったが・・・。
ドクターにはチョット言えなかったが、確かにあれだけエアロバイクで汗かいたら、尋常な蒸れ方じゃないよね。昨日、体育館から帰るとき、ヤな予感したんだよね~。
そういえば去年の夏も、24時間走で足の裏に大きな水疱を作って、再生に1週間ぐらいかかったなぁ。

ま、どれも「日にち薬」ということで!
明日からまたゆっくり歩き始めます。
ご心配おかけしました!
[PR]
by runmama | 2006-07-28 20:56
アキレス腱縫合手術から4週間。明日はギブスをはずしてもらえる予定だ。

初めの1週間はギブスの中で手術の傷がヒリヒリと痛かった。
痛みがマシになった2週目からは、仕事や家事の合間に筋トレをやってみた。
サボっていた腹筋なんかは、オーソドックスなトランクカールでも当初100回が精一杯だったが、そのうち200回ぐらいできるようになり、プローンレッグレイズなどのツウな種目もこなせるようになった。写真でも載せればいいんだけど、あまり人様にお見せするカッコウでもないので・・・ゴメンナサイ。
誤解のないように言っておくが、腹筋200回もやる必要はあまりないです。実際150回できるようになったら200でも300でも一緒のような気がする。ただ、今の私にはランニングのように長い時間できるエクササイズがない。腹筋100回だとあっという間に終わっちゃってヒマなのだ(笑)

で、2週間を過ぎてからは自宅に近い市営のトレーニングルームへ。ここではマシーンを使って膝下を除いたほとんどの部分のトレーニングができるし、エアロバイクで念願の有酸素運動もできる!
b0050787_1845138.jpg今日はエアロバイク60分。走行距離20km、消費エネルギー317kcal、平均心拍105拍/分。ついでに体力テストメニューをしたら「ヒジョウニスグレテイル」とほめてもらった。最大酸素摂取量の推定値は3.2リットル/分。体重あたり59ml。ひゃぁ~、ホントはこんなに行かないよ。
私たちランナーは、素直に性別と年齢を入力すると与えられるペダル負荷では、あまり心拍が上がらないのでかなりの過大評価になってる。「ぬかよろこび」しないように。

とりあえずこの4週間、最低限の心肺機能は維持できたかな。さて体重や下腿の筋肉はどうなっているだろう?それは明日のお楽しみ!ドキドキ。
[PR]
by runmama | 2006-07-27 19:18
b0050787_0165063.jpgギブス生活もあと二日。
待ち遠しいような、ちょっと怖いような・・・。
今日も「豊中から伴走押し売り」は頼れる仲間たちが集まって走ってくださった。
今日は緑地公園駅の待ち合わせに行ける人がいなくて、京都から練習に来るみっきーさんを高槻在住の伴走ランナーさんがクルマに乗せて、服部緑地まで来てくれた。
なんとなんと・・・地元民として、せめて顔だけでも出さねば!と思って私もクルマで参上。

よく考えたらみっきーさんとFさんは、ここまで来なくてもどこか京都~高槻方面で練習することもできたわけだ。
が、いつもの服部緑地まで来て下さった。だから、仕事をすませて少し遅れてでも駆けつけてくれた他のメンバーも合流できた。
なんだかうれしい。服部緑地という場があって皆つながってるんやなぁ。

でも来月からは大丈夫。まずはウォーキングから復帰!と言ったけど、その前に「待ち合わせ」から復帰させていただきます。みんな今までありがとう。これからもよろしくね~。
[PR]
by runmama | 2006-07-27 00:19
大阪教育大学には随分長い間居座っている(?)。18歳で入学して6年後に大学院を修了した。その後は正式に在籍してるわけじゃないが、ゼミの共同研究に加えてもらったり非常勤講師として採用されたりでかれこれ25年・・・四半世紀?
んなことしてるうちに「正社員」と勘違いされたわけじゃないが、公開講座「楽しいジョギング教室」の担当になってこれも12年目だ。

b0050787_929594.jpgさて今年のジョギング教室は例年とは趣旨をかえて「みんなでホノルルマラソンへ行こう!」バージョンで5月にスタート。夏までは月1回、秋からは月2回の講習で12月のホノルルを目指す。昨日7/23(日)でもう3回目になるのだが、これまでバタバタしていてここでも報告できなかったので、今日はしっかり報告させていただきます。

今日のテーマは「フルマラソン完走のための靴選び」。私も長年愛用しているシューズメーカーのアシックスからFHA認定上級シューフィッターの佐藤氏を講師に迎b0050787_9293131.jpgえ、足の話、靴の話に、皆さん真剣に耳を傾けておられた。「皆さん、ご自分のシューズを出してください」と言われて、アウトソールの磨り減り方、インソールに「しみこんだ」わが足の痕跡、そこからわかる自分の足や走りの癖・・・。皆さん「なるほど」とうなずいておられた。

その後は足型・サイズの簡易計測。たくさん用意されたクッション系およびレーシング系のシューズの中から自分に合ったものを選び、それを履いて80分ジョグの実技講習。b0050787_9295793.jpg

まだ続く梅雨空で気温はともかく湿度が高い。1500m弱のコースをグループごとに走っていただいたが皆さん大量の汗で1周ごとに給水されていた。
参加の皆さまお疲れさまでした。私は今日も荷物番。通るたびに声をかけてくださった皆さん、ありがとうございました。来月の生駒マラニックはご一緒できるようにリハビリに励みます!

b0050787_9302057.jpg写真はジョグのリーダーをつとめた陸上部員、中長距離エースのゴトウクンとマツシタクン。今季も活躍が期待されます。こちらも応援してやってください。
・・・でもゴトウクンのマイシューズ、磨り減りすぎやったで。
[PR]
by runmama | 2006-07-24 10:09
地球を走る会関西のランニング教室。
夏のトレーニングを乗り切る身体、ってことで、水分補給や栄養摂取の重要性について学んでいただいた。ランニング実習も、暑い中ではあるけれど、先月よりも少しだけ時間を延ばし、坂道も取り入れ、来月の合宿に向けてステップアップだ。

そうそう、神鍋高原の合宿、まだ受付中ですが残席はわずかとなってきました。関心のある方、どうぞ地球を走る会関西へお尋ねください。

b0050787_15173463.jpg今日の私はやっぱり「荷物番」。噴水広場を渡る風が意外にさわやかでした。
[PR]
by runmama | 2006-07-22 15:27
今年の梅雨は後半追い込み型、ここに来てラストスパートに拍車がかかっている。
7/20(木)、ポラール・パーソナルトレーニング、第2回の集合日も先月に引き続き大雨だった。
「いったい誰なんでしょうねぇ、雨男?雨女?」
しばらくの間、RUN-WALK Style店内ミーティングルームで心拍計&分析ソフト活用術の大技小技についてお話しする。

b0050787_144143.jpg先月、土砂降りの中で1000m×5本のテストに挑戦していただいて、その結果から、一人一人の「ブルーゾーン~レッドゾーン」を割り出すところまでをメールのやり取りで進めて来た。




b0050787_14412451.jpg今回はさらにエグゼーションカウントという概念を導入。日々のトレーニングがどのくらいの負荷になっているか、1週間あるいは1ヶ月の流れの中でメリハリはついているか、などの評価に活用できる。

さて、それでは走りに行きましょう・・・と大阪城公園へ。私は松葉杖にブルーのポンチョをかぶり、ずぶぬれ覚悟で噴水広場に立っていた。まるで「巨大なテルテル坊主」、これが効いたか、ランニング中の1時間ほどは雨がピタリと止んで助かった。

でも片づけを終えて、キャノンの藤本さんと一緒に店を出ようとすると、また大雨。
そういえば藤本さんは、公園でのランニングに来ずに店内に残っていた。
そっか~、雨男は藤本さんだったのね。
[PR]
by runmama | 2006-07-22 15:16
b0050787_02364.jpg豊中から伴走押し売り、私のギブスが取れるまで、少なくとも7月いっぱいはお休みさせてください・・・ということにしていたのだけど。
実は地元の伴走仲間Kさんを中心に「常連さんだけでも」と続けてくださっている。
皆さんの方からその提案をいただいた時には本当にうれしかった。
厚意に甘えてずっとお任せしてきたが、今日は久しぶりに私も顔を出すことができた。
今夜もみっきーさんとの練習に、こんなにたくさんの仲間が集まって下さっていた。
最近には珍しく涼しい夜だったのでコントロールラン、キロ4分切りのペースまで行ったそうだ。

伴走押し売りのキャッチフレーズは「ウォーキングからキロ4分まで」。
私も来月、まずはウォーキングから復帰するよ~。

ホントに皆さん、ありがとう。
[PR]
by runmama | 2006-07-20 00:04
b0050787_034471.jpg松葉杖が一本でよくなったので、片手があいて買い物がしやすくなった。
久々のコンビニ弁当。

サンクスのバランス食堂(シリーズなのかなぁ) 
黒米弁当(クロマイ、と読むのかなぁ)

¥450 497Kcal
PFCバランスは16:29:55

おっ、ヘルシーなイメージの割りに脂肪が多くて炭水化物が少なめだ。
しかし!
「日清キャノーラ油・ヘルシーライトで調理しています」だって!
コンビニ弁当にそんな高コストの調理油を使うわけないやん・・・っていう私の記事読んだのかなぁ???
[PR]
by runmama | 2006-07-19 00:13