<   2005年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

永年愛用しているポラール心拍計ですが、トップ選手も結構使ってます。
今、ランナーズの2005秋冬カタログ、ポラールのページで、元旭化成の佐々勤さんと並んで、コメントを紹介してもらってます。

心拍計を使っていて、やはり一番気になるのは誤作動。
ジョギング教室などで心拍計を使っていて
「センセー、心拍が230になった!どうしよう!!」
「心拍が表示されません、私、死んでるの??」
なんて声が上がることもしばしばというのが現実だ。

そのほとんどはトランスミッターという胸ベルトが原因だと思う。
(永年使っているというだけで、専門家の見解ではないことをお断りしておくが)
正確に心拍をキャッチするにはトランスミッターが濡れた状態で胸に密着することが一番重要だ。
あのウレタン素材の堅いベルトが、人によっては体型にフィットしなかったり、そのため水で濡らしておいてもすぐ乾いてしまったり。
私はそんな時、うすいガーゼのハンカチを濡らしたものをベルトと胸の間に挟むことで解決するようお薦めしてきた。

しかし、電極部分も布製で柔らかく、水を含ませやすいウェアリンクトランスミッターというベルトが開発された。
これはどんな体型の人にもフィット、誤作動もまず起こらないし、何よりも胸にベルトを巻く違和感がほとんどないのでラクだ。
今ではポラールSシリーズ210以上などの機種に標準装備されてるみたい。
これで大好きなポラールを安心して皆さんにお薦めできる(笑)。

でも大学の予算では一度に新しい製品に買い換えるのは難しいだろうなぁ。
ジョギング教室では来年も「センセー!心拍数がぁ!!」って声が上がるだろう。
スミマセン、あなたの心臓がオカシイ訳ではありません、たぶん・・・。
[PR]
by runmama | 2005-09-29 22:21
b0050787_0195875.jpg阪急宝塚線服部駅から西に10分、豊中市立豊島体育館の正面に「麦工房らくだ」というパン屋さんがある。
体育館2階のトレーニングルームで、広いガラス窓に面したエアロバイクで汗かきながら、このパン屋さんを眺めてみる。
商店街で買い物をした帰りの自転車の人、遠くからわざわざ来たのだろうか車を乗りつける人、すぐ近所からフラッと歩いてきた人・・・入れ代わり立ち代りお客さんがやってくる。

b0050787_020252.jpgオーナーの穂積さんもマラソンランナー、別大に何度も出場した実力派だ。
しかし穂積さんのランナーとしての真価は、むしろ山ランで顕著になる。
私も大好きな能勢妙見のトレイルコース、どんな険しい山道も歩くことなく平気で駆け上がるランナーを、穂積さんの他に私は知らない。

私は何でもよく食べることが自慢だけど、グルメな知識には乏しい。
で、らくだのパンをどう説明したらいいのかわからないんだけど、何となく重厚なドイツパンって感じがする。
b0050787_021389.jpgなかでも胡桃やレーズンを練りこんで、ずっしりとした重みがあって、噛み応えのある黒いパン(ごめん、名前がややこしくて覚えられへんねん)が私のイチオシだ。
クリームパンやカレーパン、焼きそばパンも人気商品。でもこんな親しみやすいパンたちもやはりずっしり重い。
いつも真摯に、手抜きをしないところが、穂積さんのマラソンと同じなのだろうと思う。

お近くの方、ぜひ一度行ってみてね。
[PR]
by runmama | 2005-09-28 01:10
昨日は息子・ランの13歳の誕生日だった。

去年までとちがってもうバースデイケーキを作っても素直に喜んではくれない・・・というのを言い訳にして今年は作りもしなかったが(笑)。
野球のバッティングのグラブがぼろぼろだったので新しいのを買ってやったが、それも何だかイマイチみたいだ。
美味しいもんでも食べに行こう!と誘っても「別にええよ、誕生日やからってフツーの日と変わらんし」などと嘯く。
(あ~、助かった~、外食は高くつくしなぁ)と一瞬私も思いかけたが・・・・

やっぱり誕生日はフツーの日じゃない、特別の日や。
キミを産んだ私にとっても記念の日やもん。

夜中に陣痛が来て入院。
一日中うんうんうなってるのに、なかなか出てこないキミ。
私の苦しむさまを見て、自分が真っ青になってしまって、出産立会いを断念したキミのお父さん。
挙句の果てに帝王切開なんて思わぬ展開。
麻酔がさめてキミを見たとき思わず口をついて出たのは「ゴメンな」だった。
長い長い一日だったよ。

・・・ってことで、一日遅れのランの誕生祝、ワインとコーラで乾杯しました。
ベルリンマラソンを見たかったので外食はナシでしたが。
おめでとう、野口みずき選手!
おめでとう、佐藤嵐クン!
[PR]
by runmama | 2005-09-25 23:12
b0050787_22205495.jpgアミノバリューランニングクラブ、今日のテーマは「ペースを知る」。
「大阪学院大学御用達」の神崎川河川敷コースで8キロのビルドアップ走を実施した。
神崎川左岸コースは沿線の大学・高校陸上部がよく練習に利用していて、それぞれオリジナルの距離表示をペイントしている。
大阪学院大のは、うすいピンク色でちょっと控えめ(?)に描いてある・・・消えかかってるだけか?
さてAグループは現役の陸上部員を先頭にはじめの1kmを5分15秒、後は少しずつペースアップしていくことにした。
これは「どこまでいけるか!」ってな冒険をするトレーニングではなくて、少しずつペースを上げてゆく中で5分15秒と5分の違いを感じ、それを身体で覚えていくことが一番の狙いだと私は思う。
今回は最後に4分15秒(フルマラソンならサブスリーペース!)近くまでビルドアップした。
楽々とついていけた方は少なかったけれど、やり方はご理解頂けたと思う。
少し余裕を持ったペース設定で、これから時々取り入れてみて下さいね。

さて練習会が終わって自転車での帰り道。
神崎川右岸で行なわれていた「吹田中の島ランナーズ5時間耐久走」の応援に立ち寄る。
朝の9時に始まった大会が、もうあと1時間足らずでゴールというところだった。
今日は薄曇りの涼しい一日で「用意したシャワーは使わずじまいや」とスタッフの方。
それでも「中の島名物」のアイスキャンデーを皆さん美味しそうに頬張りながら、それぞれのペースで歩を進めておられた。
涼しさに救われたと言っても、5時間しっかり走り続ければ大したものだ。
やはりマラソン・トレーニングの基本はこれだよなぁ~と思いつつ声援を送らせて頂いた。
[PR]
by runmama | 2005-09-25 22:22
b0050787_2082226.jpg

7月からの10回シリーズ、大教大公開講座「楽しいジョギング教室」が昨日で終了した。

最終回のプログラムは、前回の6分間テストに基づいた3分間インターバル。
講座が始まった7月に比べると日没もグンと早くなった。
闇に溶け込んでゆくグラウンドで、夜間照明がランナーを照らす。
教室OBも含めて50人のランナーがトラックを走るさまは壮観だ。

インターバルの後は少し長めのダウンジョグをして修了式を行なった。
私から皆さんに、今回測定したさまざまなテスト結果をまとめた「成績証明書」をお渡しして、最後にみんなで記念写真~合言葉はランニング・ハイ!

~受講の皆さんの声から~
●印象に残ったのはコントロールランでした。初めてこういった練習をしたのですが、なかなかこたえました。・・・(中略)トレーニングの巾が広がったように思います(ハセガワさん)
~コントロールランや3分インターバルは皆さんとても気に入られたようですね。でも、最後にお話しましたが、優先すべきは「ゆっくりじっくり」の脚づくり。その土台ができてから、そして(目標レースが近いなどの)時期を選んで集中的に、取り組んでみて下さいね!それまでは封印デス(笑)。
●・・・色々な世代の方とお話し、共通の話題ができるというのは素敵な事だと思います(さんじゅうこさん)
~今回も30代~60代、お住まいやお仕事もさまざまな皆さんが集まられました。回が進むにつれて、アップやダウンの時など皆さんの会話が弾んでいるのが感じられましたね。

皆さん、熱心にご参加いただき、ありがとうございました。
毎回お世話になった夕やけランの皆さんも、本当にありがとうございました。

(オマケのクイズ)
50人のインターバル、1ヶ所からスタートするのは大変ですよね。
そこで第1コーナーと第3コーナーに分かれてスタートすることにしました。
できるだけ速やかに、しかもバランスよく、50人を2グループに分けるために、佐藤が思いついた方法とは???(昨日、参加していた方は答えを内緒にしておいてくださいね~)
[PR]
by runmama | 2005-09-25 21:42
FRUNというインターネット上の走友会(かなぁ?一応案内にはそう書いてあるけど)のつながりがある。
来る10月10日、このFRUNの皆さんが「走り続けるへ明日へ 市民ランナー未来宣言」と題したシンポジウムを京都で開催される。
詳細はFRUNのページへどうぞ。

で、夕方からのレセプションの余興?にお呼びがかかった。
ありがとうございます。

ランママの「どこ伸してんのよ~」(青木さやか風)
 -正しいストレッチング-

「折角皆さんが京都にお出でになるのにレセプションが単なる宴会では勿体無いので、役に立つイベントを企画しました」(幹事のMさん語る)

ふるってご参加下さい!
[PR]
by runmama | 2005-09-23 21:39
b0050787_2213337.jpg神戸市のアシックス・スポーツ工学研究所へ行ってきた。
インソール研究のためのデータ提供ってことで。
まずは3D足型計測器で詳細なサイズを分析。
ランニング専門店なんかでもよくこれを使って、自分にピッタリの一足をオーダーするフェアなんかをやっているようだ。
私は今まで既製品ですませているが、だいたい24センチで幅広タイプをチョイスしてきた。
3D計測の結果、左右とも足長は221~222ミリ、足囲は4E・・・やっぱ幅広っ!!
若干甲高だが踵の傾斜や外反拇指はほぼ問題なし。
さらに足部だけでなく下肢全体の計測をしたが、X脚やO脚の程度を表すQアングルなども正常範囲にあった。
結論~特別なインソール作らんでもええんちゃう?って足、それが私の足だった~(笑)。
使い古したシューズを持参して見てもらったが、これも研究員さんにほめて頂いた。

b0050787_2214880.jpgでも、せっかくだからインソールを作って今後のトレーニングで試してみることに。
これが石膏でとった私の足型・・・かわいいでしょ?
[PR]
by runmama | 2005-09-22 23:05
b0050787_0242658.jpgおかげさまで最近アクセスが少しずつ増えている。
レースやクリニック、さまざまなランニングのシーンで出会った方々が訪ねて下さっているのだと思う・・・たいてい「見てくださいねっ」て自分でPRしてるし(笑)。

多くはないが、ランニングとはちがうところから訪問してくださる方もある。
先週は今、通院している山本歯科医院の院長先生からのうれしいお便りをいただいた。
私のサイトを見てくださってとても関心を持たれ、ご自分のサイトでも紹介してくださった。
特に関心を持たれた「伴走」、今日も山本歯科近くの公園で走りましたよ。
これは公園へ出発する前のスナップ、皆楽しそうな顔でしょ。

さて、歯の治療。
マラソンシーズンが始まる前にメンテナンスをしっかりしておこう!と、春から各種の健康チェックを行なってきた。
血圧も心電図も胸部X線も血液も尿も便も、まずまず問題なし。
しかし「歯」の問題を何年もほったらかしていて、この夏ようやく治療にとりかかったという次第。
悪いところがたくさんあって、もう2ヶ月通っているが、まだまだ先は長そうだ。
ふぅ~。
[PR]
by runmama | 2005-09-22 00:53
午後から皇居外周コースでオクトーバーランのミニイベント第一弾、ランニングセミナーを行なった。
これからランニングを始めようという方を対象にしたセミナーだが、ベテランのランナーさんも熱心に耳を傾けて下さった。

今日は「骨盤を前に押し出し、体幹が自然に前傾することを推進力にする」ことにポイントを絞ってみた。
誰にでも脚の運びや腕ふりに多少のクセがあるけれど、そういう枝葉を無理に矯正するよりも「体幹」を正しく使う方が大切だと思うからだ。
腰に両掌を当てて自分で骨盤をグイグイ押して歩く、走るというドリル、数回しか繰り返せなかったがイメージを掴んで頂けただろうか。

桜田門の広場のようなわずかな下り傾斜で行なうと前傾による推進力のイメージが掴みやすいと思う。ぜひ繰り返して下さい。
そして竹橋あたりからの上り坂でもそれを維持できれば本物だ。
でもこれはイメージだけではできない、体幹の筋力が必要だ。
最後に行なった「姿勢保持の1分間トレーニング」でその基礎を作って下さい。

今日は講師に徹していたので写真を残す余裕がなく、図解できなくて申し訳ありません。
(オクトーバーランの事務局員Aさんのブログに期待!)
暑い中を参加してくださった皆様、ありがとうございました。
[PR]
by runmama | 2005-09-19 23:29
b0050787_11223051.jpg

皇居外周の千鳥ヶ淵公園。
今日はオクトーバーランのミニイベント、ランニングセミナーです。
事務局員のAさんにおみやげグリコがバカうけ(^_^)v
[PR]
by runmama | 2005-09-19 11:22