<   2005年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今日は朝から妙見へ~。
ウチからまず8キロ、箕面駅まで来るとすでに山頂から降りてきたMさんに遭遇。
ひゃ~、朝6時くらいに家を出たんだろうなぁ!
滝の上のドライブウェイで今度はHさんにバッタリ。
こちらは勝尾寺まで走っての帰り道、「午前中に帰ろうと思って」とのこと。

皆さん、エライ、正解です!
「昼から一時雨、雷を伴って強く降るところもあるでしょう」って予報を私も聞いていたのですが・・・。
トレイルを走って北摂霊園まで来てみると妙見山方面の空は真っ黒、これはダメだとあきらめて今来た山道を戻ることにした。
あっという間に土砂降りになったけれど、深い杉林に守られつつ帰路を急ぐ。
雷が鳴り始めたが稲光から雷鳴まで7、8秒、そんなに近いわけではない。
・・・ってことで、無事に箕面の滝あたりまで帰ってきた。

う~ん、まだ3時間弱しか走ってない。
しょうがないなぁ・・・滝と箕面駅の間の2.8キロコースを往復することにした。
2往復目の登り、雨宿りしていたサッカー少年団の男の子たちが追っかけてきて壮絶なバトルに!
誰もオバサンに勝てなくて、それなりにショックだったようだけど、足元を見るとゴムぞうりとか履いてるし(笑)。
ま、私もいい練習になったので滝道シャトルランは3往復で終わって梅原酒店にゴールした。b0050787_16364655.jpg

・・・と「今から走りに行くねん」という友人に遭遇。
もう昼過ぎてるで・・・でも雨もやんだし、こちらも正解!
結局土砂部りの中を走ってたのは私だけなのね(涙)
[PR]
by runmama | 2005-07-31 16:39
b0050787_011199.jpg大教大公開講座「楽しいジョギング教室」、今日は大教大陸上部OGの岡田さんを講師に招いて夏を元気に乗り切るための水と食事の話をしてもらった。
岡田さんも私と同様、社会人になってからもマラソンを続け、国際マラソンに出場するサブスリーランナーだ。
夏場のトレーニングでの給水なら塩分が0.1%ぐらい必要、でも気分が悪くなって倒れたり、筋肉が痙攣するなど、熱中症の症状が起きてしまった時には0.8%の食塩水が必要だとのこと。
0.8%って言われてもなぁ?と思っていると「皆さんが普段美味しいと思って飲まれるお吸い物ぐらいの濃度です」・・・なるほど~。
この時期に不足しやすい栄養素をたっぷり含んだ夏野菜をお料理にふんだんに使いましょうね~ということだった。
b0050787_01398.jpg
・・・・と、受講生のKさんから「親戚の菜園の、今朝とれたての無農薬野菜です」と差し入れが!
ナスにピーマン、キュウリ、トマト・・・まさに夏野菜。
形はいびつだが、何ともいえないツヤとハリ。
大きな袋にどっさりと、汗びっしょりになりながら持ってきてくださったKさん。
ありがとうございます!
皆さん、とても嬉しそうに思いがけないお土産を手にして帰られました。

私も帰宅して早速、焼きナスにして頂きました。
とってもジューシィでした。
[PR]
by runmama | 2005-07-31 00:02
淀川~神崎川の帰宅ラン。
図書館で本を3冊借りてしまって荷物が重い。足も重い。
あれ~、7時までに帰るって言ったのに間に合いそうもないや。
走りながらウチに電話。
「もしもし~、ラン(息子の名前です)?お母さんな~、7時までに帰られへんわ」
「え~、腹へった~」
「あのね、お鍋にお湯沸かして、塩入れて、まずブロッコリーとグリーンアスパラゆでといて」

10分後にまた電話。
「ブロッコリーとアスパラ、ざるにあげたか?次はモヤシ、その次トウフ、そんで豚肉な。豚肉はアクが出るから最後やで」

「どう?できた?ゆでたのん冷ましてる間にレタスちぎって、きゅうりスライスしてお皿に盛っとき」

「よっしゃ~、ドレッシングかけたら出来上がり。先に食べときや。お母さんもあと30分ぐらいで家に着くわ」b0050787_23315060.jpg

ふっふっふ~、近所の酒屋でビール買ってウチに帰ったら「ゆでたお肉とトウフと野菜のサラダ」、私の分も出来上がってました!
要するに「冷しゃぶ」ですが、トウフが入ることでボリュームアップ、味わいもまろやかです。
ゴマだれがよくあいます。
[PR]
by runmama | 2005-07-29 23:35
今日は暑さを避けて夕方から服部緑地でランニング。
10kmほど走ってあたりが薄暗くなってきた頃「あの~、スミマセン」と声をかけられた。
「第4駐車場ってどこでしょうか?」
血統のよさそうなワンちゃんを連れた30歳代ぐらいの女性だ。
ワンちゃんをクルマに乗せて公園に散歩に来たのだが、日が暮れてしまってクルマを停めた駐車場がわからなくなったらしい。
散歩したり自転車に乗ったりしている何人かの人に聞いてもわからなかったようだ。
そもそも公園まで歩いてくるような近所の人々に駐車場のことはわからないよな~。

広~い服部緑地には5つの駐車場がある。
しかし、話を聞いて「ここだろう」と案内した駐車場に彼女のクルマはなかった。
5つの駐車場のうち3つは公園内、2つは外周道路の外にある。
彼女の「池があった」「クルマ降りてから公園に入るのに道路は横断していない」という話をもとに私は駐車場を特定したのだが・・・・。
実は「道路は横断していない」ってのが彼女の見事な記憶違いだった。
クルマを置いてスグに、あまりにも自然な流れで横断歩道を渡ったからだろうか、「道路を渡って公園に入った」ことは彼女の記憶の中にはこれぽっちも残っていなかったのだった。

同じようなことはトレイルを走っていてよく経験する。
細い道から大きな道には当たり前のように合流するんだが、帰り道、同じコースを逆走していて小道への入り口を見落としてしまったり・・・。
坂道の記憶もホント、いい加減だ。
妙見の九十九折れのドライブウェイや東海自然歩道のトレイル、「これで最後の上り坂」を登って見ると「あれ?まだあるやん」なんてこともしょっちゅうだ。
8月、9月、佐藤と山ランに行く皆様、くれぐれも佐藤にだまされないように。
・・・・人間の記憶なんて曖昧なものだということ、あらかじめご承知おきくださいませ(笑)
[PR]
by runmama | 2005-07-28 23:27
b0050787_13231199.jpg

今日は某大学で久しぶりに学生食堂へ。
本日のおすすめ、豆腐ハンバーグ定食を食べたo(^-^)o
学生たちは前期試験の真っ最中、食堂にも資料を持ち込んでレポート書いたり大変そうだ。
聞くともなしに彼らの会話が耳に入ってくる。
学生A「レポートって表紙つけなあかんの?」
学生B「うん、自分の番号と名前と、授業や先生の名前も書かな受けとってくれへんで」
学生A「え~、めんどくさぁ~!」
私って「先生」に見えないらしくて、目の前で平気でそんなこと話している。
おいおい、何十人ものレポート受け取る側のこと考えてみろよ~。
こっちも仕事だから全部読むけどさ、ホチキスで留めもせずにバラバラだったり、どこに名前書いてあるのかわからなかったりすると、読む気もしないぞ~(-_-#)
[PR]
by runmama | 2005-07-26 13:23
イングスランニングクリニック、今月は神戸市のアシックス・スポーツ工学研究所にて一泊合宿。
皆さんは昨日の午後、足型の計測、シューズの展示館見学、現代の名工・三村仁司さんの講演などのプログラムに参加された。
私も大教大の講座を終えてから夜9時ごろに合流、皆さんとの懇話会に参加。
日々のランニングの中での悩みや疑問などをお互いに話し合い、私もおおいに勉強させて頂いた。

b0050787_2130970.jpgさて、二日目の今日、急遽駆けつけてくださったのはメキシコ五輪・マラソン銀メダリストの君原健二さん。
当初の予定にはなかったスペシャルサプライズだ。
君原さんはご自分の経験から「目標を持つことの大切さ」を話され、メキシコ五輪の銀メダルを背広のポケットから取り出して見せてくださった。
1966年のボストンマラソンでも優勝、勝者はその50年後(つまり2016年)に招待されるのだが、「ボストンに行くだけでなく、レースを走ってみたい」というのが現在の目標だそうだ。
「皆さんもニューヨークシティマラソンに向けて頑張ってください」と私たちを励ましてくださった。
b0050787_21311870.jpg
この後は暑さ厳しい中のランニングとなったが、皆さんのモチベーションも大いに高まったようだ。

尚、先月のクリニックの様子が阪急イングス館のサイトでも紹介されています。
[PR]
by runmama | 2005-07-24 21:32
b0050787_20222234.jpg
楽しいジョギング教室第3回はコンコーニテスト。
ランニング速度と心拍数の関係からHRT(心拍性作業閾値)を調べるテストだ。
コンコーニテスト、HRTについてはこちらをご覧下さい。
100m毎に少しずつスピードを上げるテスト、私や陸上部員がペースメーカーをつとめ、皆さんはその後ろに一列になってついてきていただく・・・「メダカの学校」状態。
陸上部員にとってはスタート時の100m50秒などのゆっくりペースが結構むずかしく、何度も練習したうえで臨んでいるようだ。
・・・でも昨年はラストに100m15秒ぐらいまでスピードが上がり、ペースメーカーがギブアップするという一幕も(笑)。

今回、私もペースメーカーをしながら自分のデータをとっておいた。
スピードと心拍数の直線関係が崩れるポイント、HRTは223m/分(キロ4分29秒)だった。
ま、今はこんなもんだろう。
季節ごとにテストしてみると体調やトレーニング効果も確認できるよ。

受講生の皆さん、お疲れさまでした!
[PR]
by runmama | 2005-07-24 20:44
b0050787_16462311.jpg

髪空間NAGに行ってきた。
前にも一度紹介したがオーナーのマッちゃんはランニング仲間だ・・・あれ?あまり一緒に走ったことないな(飲んでばっかり?)
数ヶ月前、心斎橋のお店を火事で失ったのだが、持ち前のバイタリティで上本町に新規開店。
当時少しばかり引っ越しのお手伝いをしたけど、久々に訪ねてみて順調な様子にホッとした。
クラシックな音楽と坪庭、そしてマッちゃん自身のホスピタリティがあふれる癒しの空間。
一度訪ねてみて。リンクのページから「マッちゃんのあったかマラソンライフ」をご覧ください。髪空間NAGのページにアクセスできます。
さて私のリクエストは「キャップの似合う髪」。
あはは、「テニスの王子様」の完成だぁ(^_^)v
[PR]
by runmama | 2005-07-22 16:46
大学で佐藤の「ジョギング」の授業に参加した学生諸君へ。

まずはお詫びです。
今日配布した「ジョギングで一句」のプリントにYKさんの作品が掲載されていませんでした。
一度提出したものをさらに練り直して再提出してくれた力作だったのに。
私のミスです。申し訳ありません。
あらためて紹介します。

 ●僕だけが感じることのできる風  (YKさん)

この句が出された時に「審査員特別賞の候補だなぁ」と考えていました。
暑さもつらさも忘れさせてくれる爽やかな一句です。
やはり審査員特別賞を授与させてね。

それでは皆さん自身の投票による優秀作品を発表。

 ●空を見る まだまだ自分はちいさいぞ (MFさん)

心が洗われるような作品ですね。

 ●少しだけ隠れておくれ 夏の太陽 (TCさん)

うんうん、毎週毎週、ホント暑かった!

 ●駆け出せば 風が生まれる 陽が燃える (YTさん)

その熱い太陽さえも味方につけてしまった力強さを感じますね。

さて、最も得票数の多かった「大賞」は・・・

 ●いつ見ても 守衛のおじさん いやし系 (FCさん)

ホント、いつも笑顔で声かけて下さって、嬉しかったよねぇ。

この他にもステキな作品がたくさんありました。
何点かをこのウェブサイトの「ランで一句」のページに掲載させてくださいね。
前期の授業は今日で終わったけれど、ぜひランニングをこれからも続けてください。
そしてキャンパスで会ったら笑顔で声かけあいましょうね。

PS 前期試験ガンバレ~
[PR]
by runmama | 2005-07-21 22:55
b0050787_12253983.jpg

無事、大阪教育大学に到着!
電話かかってきて歩いたりコンビニ寄ったりも含めて4時間10分。
さあ今から授業だあ(^_^)v
[PR]
by runmama | 2005-07-21 12:25