地球を走る会 神鍋高原合宿~初日はクロスカントリー

b0050787_12332392.jpgクラブツーリズム主催の地球を走る会関西ランニング教室、3年目にして初めて合宿を行なうことができた。まずはご参加頂いた皆さまに心より御礼申し上げます。

神鍋高原は兵庫県北部、冬はファミリーにも人気のスキー場、夏はテニスやサッカー、ラグビーなどいろいろなスポーツ合宿地のメッカになっている。もちろん「神鍋高原マラソン」の会場としてランナーにもよく知られたところだ。

b0050787_12335661.jpg第一日は夕方から神鍋山を一回りするクロスカントリーコースでトレーニング。平均年齢○○歳のランナーご一行様、サッカー少年やテニスの大学生に負けず劣らず、元気いっぱいの走りを披露して下さった。
このクロカンコースは1周約3km。神鍋高原マラソンでも以前、クロカン+ロードの二日間にわたる複合レースが行なわれていた。私も出場したが、この3kmクロカンは翌日の10kmロードよりキツかった。
b0050787_12342475.jpgでも景色は抜群。青々とした芝のゲレンデに沿って風を切って走る皆さん。気持ちよさそう!
コースの半分ほどはウッドチップが敷き詰められていて、脚に優しく・脚に厳しい。着地の衝撃はソフトでありながら、脚筋や腱、靱帯の強靭さや柔軟性が求められるサーフェイスだ。
ここで「申告タイムレース」を含めておよそ10km、大阪よりは涼しい夕方の高原で、しかし、たっぷりの汗をかいた。

b0050787_12562440.jpg大きな温泉施設「ゆとろぎ」で汗を流し、四季の宿・UMEYA自慢のスタミナ鍋に舌鼓を打つ。夏に鍋?と思ったけど秘伝のピリカラたれで食が進み、ほとんどのテーブルで「完食~!!」。もちろんビールもグイグイと皆さんの体内に吸収されていった。
それにしてもUMEYAの女将さん、ねじり鉢巻がキリリと似合う(その姿を撮り損ねてしまった!)なんともオトコマエのお母さんでしたねぇ。スポーツは何してらしたんですか?と聞いたら「何だb0050787_12553513.jpgと思います?」って結局教えてもらえなかったけど。私が現地で乗り回してた女将さんのランドクルーザー、後部座席に竹刀が無造作に転がしてあった・・・こ、こえぇ~。
b0050787_1256214.jpg
この合宿にはアシックスからもスタッフが参加して皆さんの足型の簡易測定からシューズ選びのアドバイスまでの相談コーナーを開設していただいた。夕食後も遅くまで対応してくださった徳永さん、平井さん、お疲れさま~。
シューズといえば、明日発売のランナーズに「今シーズンおすすめシューズはこれに決まり!!」という広告企画があります。メーカー各社が一押しシューズを紹介して一般ユーザーの声を載せてる中に「大阪府在住 佐藤光子さん」登場。スピード対応のシューズとしてジェネレーサーLSを紹介しているので見てね。
「誰が一般ユーザーやねん!!」ってツッコミは、アディダス「市橋有里さん」をみてからにしてね。
でも「スピード対応のシューズで100kmレース走るなよ!!」というツッコミは・・・甘んじて受けます。どうやってボケよか(笑)。

話が合宿からそれてしまった。
この合宿では私達スタッフにもいろいろな成果があったけど、クラブツーリズムのスタッフ・後藤さんが、いつもは荷物番ばかりしてくれていた彼が、皆さんと一緒に走った!ってこともうれしい成果の一つだったなぁ。3年前の教室開始当初から「後藤さんを走る添乗員に」というのが私の中のひそかなプロジェクトなのだ。あ、公表ししちゃった。夜、一番最後に、徳永さんからシューズのアドバイスを受けた後藤さん、やる気になってますよ~。皆さんご指導よろしくお願いします。

こおろぎの鳴き声だけが響いて、神鍋の夜は静かに更けてゆくのであった。
[PR]
by runmama | 2006-08-21 13:41