課題は下り~ダイヤモンドトレール

b0050787_8321282.jpg

昨日は第32回大阪府チャレンジ登山大会の山岳マラソンの部でダイヤモンドトレールを走ってきた。

この大会には初出場。
でも実は10年ぐらい前に一度参加申込をした。ところが保育園児だった息子がおたふく風邪にかかってDNS。
そして3年前の夏、大会ではないが地元の友人に案内してもらってはじめてダイトレを走った。この時は自身の体調が悪くて友人の足を引っ張りまくり、二上山から7時間以上かかって紀見峠までたどりついた。
どうもダイトレとは相性が悪いような・・・・そんな過去を払拭すべく、今回の再挑戦。

いやぁ~、楽しかった。4時間16分、予想外の出来だった。
走りにくい階段が多くて、1000mほどの山を二つも越えて、たしかに厳しいコースだけれど。やや気温の低い昨日のコンディションと、来週のロゲインに向けて山ランの脚をつくってきた成果かな。
主催の大阪府山岳連盟のスタッフの皆さんにも感謝。あんな山中のポイントに給水を運搬するのも大変なことだろうと思う。要所要所でコース指示に立って下さる方も長時間にわたって本当にご苦労さまだ。自分で給水も地図も携帯していたけど、おかげさまで全く走ることに専念させて頂いた。
・・・・っとか言いながら、葛城山頂ではあまりに雄大な眺めに「記念写真撮ろう!!」とすっかり観光モードになってしまった。ここで遊んでなかったら5分ぐらい早くゴールできたかな?ちなみにビールは下山して新今宮に帰るまで飲んでませんっ。

しかし、私にとって山ランの今後の課題は下りの走り方だ。特に階段の下りで歩幅が合わず一段に二歩使ってしまうとペースとしては大変なロスになる。上りでは体重の軽さがメリットになっb0050787_87647.jpgて男性ランナーに追いつくのだが、下りでまた逆転されてしまう。一緒に参加したチームメイトにも下りのたびに遅れをとり、かなり待たせてしまった(律儀に待ってくれてありがとう)。
階段でなくても下りをテンポよく駆け下りるには大腿四頭筋の筋力がまだまだ不足しているなぁ・・・と実感した。

スタート前、コース途中、ゴール後、たくさんの方にお会いしました。お声をかけてくださってありがとうございます。皆さんも無事ゴールされたことと思います。お疲れさまでした!
[PR]
by runmama | 2006-04-10 09:50