なにわ自転車道

b0050787_2151263.jpgなにわ自転車道はJR城東貨物線の赤川鉄橋(都島区)から阪神西大阪線の出来島(西淀川区)まで全長21.6kmのサイクリングロードだ。赤川鉄橋から淀川右岸を遡って神崎川への分岐点へ。そこから今度は神崎川左岸をひたすら下り、河口までもう少しというところで終点の出来島だ。
私は守口の大阪国際大で仕事があるとき、神崎川の榎木橋あたりから一津屋までなにわ自転車道を走り、そのまま淀川を上ってゆく。
家から大阪城まで走るときも国道176号や梅田新道を通れば距離は短いが、やはりなにわ自転車道を走って赤川鉄橋を渡り、毛馬閘門から大川へ入るルートを取る。このルートの赤川鉄橋より先は北大阪周遊自転車道の一部だ。
b0050787_2154278.jpgなにわ自転車道の神崎川沿いの部分にはおよそ200m毎に赤い三角の表示があってペースをコントロールしたいときには助かる。東淀川区~吹田市のあたりは沿線の大阪経済大、大阪学院大、大阪高、成蹊女子高など陸上強豪チームの練習コースだ。今日はナント大阪学院大の山内先生が一人で走っておられるのと出会った。少しだけご一緒したが4分前半のペース。選手とは別にご自分でもトレーニングしておられるんだなぁ・・・頭の下がる思いだった。
b0050787_2165100.jpgなにわ自転車道で一番気持ちよく走れるのは神崎川に入ってから阪急神戸線の神崎川駅あたりまでかな。他では三角表示のないところもあるし、河口に近づいていくと景色や空気が今ひとつ。道路に上がって信号を待たなくてはならないところもある。
でも。
ぜひとも終点の出来島からさらに足を延ばしてほしい。
その先には夕日の沈む大阪湾の光景が・・・。
[PR]
by runmama | 2006-02-28 22:04