水分補給とシャトルラン

7月16日土曜日。
午前中は地球を走る会・関西のランニング教室
真夏のこととて、水分補給の重要性などを学んでいただく。
ランニングの前後の体重変動は発汗などで失った水分の重さだ。
体重の3%の水分を失うと運動機能や体温調節機能に支障をきたす。
私の体重の3%といえば1.5kg。
夏、2~3時間ランニングすれば給水していてもこのぐらい減ってしまうこともある。
ご注意を!

b0050787_94421.jpg午後は大教大の楽しいジョギング教室
こちらは先週に続いて各種のテストに挑戦。
ランニングスピードと心拍数の関係を調べたり、シャトルランというテストで全身持久力を評価したり。
シャトルランは文部科学省の「新体力テスト」の中の項目だ。
多くの方は旧テストの踏み台昇降運動ならご存知だろう。
シャトルとは往復という意味、20mの区間を合図に合わせて往復走をする。
その合図がだんだん速くなり、どこまで往復走を繰り返せるかというテストだ。
私はこれまでに104回までが自己ベスト(笑う)。
女性では62回以上で10点満点をもらえるのだが、この104回という結果から推定される最大酸素摂取量は47ml/kg/分・・・・これはチョット過小評価で納得いかない。
最大酸素摂取量の測定を最近していないが、少なくとも60近くあるはずだ。
ま、私たち長距離ランナーには20m走ってターンするなんて動作に無理があるもんね~。
今日の参加者の最高記録は108回だった。
皆さんお疲れさまでした!
[PR]
by runmama | 2005-07-17 09:05